検索窓
今日:130 hit、昨日:132 hit、合計:205,756 hit

43話 ページ45

百ちゃんからあるものを渡されたあと二晩を過ごす部屋にも案内され、再度一階に降りるとさっきよりも更に人が増えていたため私は反射的に百ちゃんの後ろに隠れていた。

麗「あ!Aちゃん来とったんやね!久しぶり〜!!」

その中でもやっぱり聞き覚えのある声が聞こえると少し安心する。

貴「お、お茶子ちゃん、久しぶり」

麗「ところで、何で八百万さんの後ろに隠れとるん?」

貴「いや、訳も分からないままこんな所に連れて来られたし、初対面の人がこんなにわんさかいたら流石の私もビビる…」

芦「あ〜なるほど、だからずっと挙動不審だったの!」

ピンク肌の子がようやく理解してくれ、そろそろネタばらしをしてもいいんじゃないかといった流れになったところで奥から焦凍くんが現れた。

焦「お、案内終わったんだな。そろそろ晩飯出来るって砂藤が言ってたから好きなところに座っててくれ」

両手に大皿を抱え、テーブルにそれらを置いていきながら放たれた言葉であるが、いやあの、好きなところと言われても座れる場所なんて限られてるだろうし、まず砂藤って誰ですか!?

まだやる事があるからと焦凍くんが再び奥へと引っ込んでしまい、えええ…と消えゆく声を漏らしながら呆然とその姿を見送る。ちょっと待って、さすがに私のこと放置しすぎなんじゃないか?確かに私はこういった性格が幸いして初対面の人とも簡単にコミュニケーションを取れたりはするけれど、それはちびっ子限定であって同い年や年の近い人たちはそうではない。

…やっぱり、お断りを入れて病院に戻った方が良いような気がする。

44話→←42話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (106 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
272人がお気に入り
設定タグ:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 轟焦凍   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レーズン(プロフ) - 雨色の水滴さん» コメント、応援ありがとうございます!私にしては珍しくギャグじゃないのでおかしくないか不安だったんですが、感動しましたとその言葉で嬉しくてつい顔がニヤけてしまいました…←これからもどうか宜しくお願いします! (2021年8月22日 11時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
雨色の水滴 - めっちゃ感動しました!!応援してます!! (2021年8月22日 0時) (レス) id: 5a0f0dfb22 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - 名無し35021号さん» コメントありがとうございます!深夜テンションとかいうノリで出したのですが温かいコメントでめちゃくちゃ励みになりました!時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 21時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
名無し35021号(プロフ) - 初コメ失礼します。もうめちゃくちゃ感動します!続きが楽しみになるような作品で面白いです!これから無理しない程度に頑張ってください!応援してます。 (2021年8月21日 18時) (レス) id: b931d3e819 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - あかりさん» コメントありがとうございます!うわあああそう言って頂けると凄く励みになりますっ!最近中々出歩けないですからね…(泣)お知らせでも言いましたが時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 16時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:レーズン | 作成日時:2021年8月21日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。