占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:6 hit、合計:2,785 hit

月の女神が微笑んで死んだ。 ページ26

「ここが月…」


彗星を持った二人はクレーターの上で立っていた。

龍巳には藍色の堕天使の羽。

アストには青色の鳥の羽。

パタパタと揺れていた。


「次の話は?」

「『月の女神は微笑を浮かべて其れを求む。』其れって、これかな?」


龍巳の掌の上に転がる彗星。

アストは多分と曖昧な答えをして二歩程歩いた。

無重力でふわふわ浮いている。


(楽しそう。)


ふっ、と笑う。

すると彗星が月に堕ちた。

沈み込み、溶けて消えた。

二人は藍色の光に包み込まれる寸前_______、


「アストっ!」

「っ、龍巳!」


手を固く繋いだ。

目が覚めると…→←その光は終焉?



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:Twitter , フォロワー , 龍巳の小説企画
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

龍巳@キチガイ - 一部名前を変えている方もいらっしゃいます、コメント欄で名前を晒すのも止めて下さい。中傷、無断転載も同様です。ルールを守って下さいね。 (2016年10月7日 22時) (レス) id: 3d3a9ea8a1 (このIDを非表示/違反報告)
龍巳@キチガイ - 感想はこちらのコメント欄にてお願いします、TwitterのIDを載せたりするのは絶対にやめて下さい、評価は星とTwitterのふぁぼでお願いします。 (2016年10月7日 22時) (レス) id: 3d3a9ea8a1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:龍巳@キチガイ | 作者ホームページ:ホームページの追加は禁じます。  
作成日時:2016年10月6日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。