占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:2,216 hit

死をもって其の人は幕を閉じろと誰かが呟く。 ページ15

「唐突に死ねと言われても…」


彼女は溜め息混じりに言う。

世羅は嗚呼、と思い出す。


「ごめんなさい、説明しますね。」


説明されても死ぬ気は無いが、と彼女は思ったが

取り敢えず世羅の話をちゃんと聞く事にした。


「うちの軍警が1人、貴方と昔色々ありましたよね。」


(あの子の事か…?)


彼女はどこから得た情報か聞こうとしたがやめた。

面倒事が増えると感じたからだ。


「その軍警の名前はご存知ですか?」

「…記憶が無いんです。」


そう言うと世羅は大袈裟に目を見開いた。


「そうなんですか!?…早く記憶が戻るといいですね。」

「そんな事より、その軍警と俺の死について何か共通点が?」


そう聞くと世羅はニヤリと笑った。

彼女は嫌そうな顔のまま微動だにしない。


「"死神"を捕まえると言っていたんです、面白いでしょ?
あの子じゃ絶対に捕まえられないのに。」

「あの、何の話を…」

「あの子はうちの戦力です、これから戦争等に駆り出されるのに貴方が居たら

邪魔でしょ?

だから、死んでください。」


世羅はやはり笑顔を崩さない。

しかし先程よりも威圧感が増し_______

殺意も持ち合わせた非道の笑み。


「死ぬ気はありません、邪魔しますよ、我等にとって貴方達は敵ですから。」

「…そうですか、では1つ…貴方のお名前を教えて頂けませんか?」


世羅は赤い目を彼女に向ける。

青と赤がぶつかる。


「…龍巳です、東国の漢字という文字でこう書きます。」


さらさらと名前を書くと世羅は三日月の様に口元を歪ませた。


「ありがとうございます、其れでは。」


窓から出て行く世羅を見詰める彼女の目は憂いを帯びていた。


(あの子…強くなったんだ。)


ガチャ、とドアが開く。

月が顔を覗かせた。


「大丈夫だった?」

「…はい。」


月は顔を綻ばせる。


「仕事どうするの?」

「明日やります。」

「珍しいね。」


彼女はパーカーを脱ぎ、本を手に取る。

その脳裏には世羅の笑みが残り、笑った。

その2人は何かを思う、互いに渡り合えずに歪む。→←白い軍警はニコリと笑ったが死神は睨み続けていた。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.1/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:Twitter , フォロワー , 龍巳の小説企画
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

龍巳@キチガイ - 一部名前を変えている方もいらっしゃいます、コメント欄で名前を晒すのも止めて下さい。中傷、無断転載も同様です。ルールを守って下さいね。 (2016年10月7日 22時) (レス) id: 3d3a9ea8a1 (このIDを非表示/違反報告)
龍巳@キチガイ - 感想はこちらのコメント欄にてお願いします、TwitterのIDを載せたりするのは絶対にやめて下さい、評価は星とTwitterのふぁぼでお願いします。 (2016年10月7日 22時) (レス) id: 3d3a9ea8a1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:龍巳@キチガイ | 作者ホームページ:ホームページの追加は禁じます。  
作成日時:2016年10月6日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。