占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:6 hit、合計:2,785 hit

白い軍警はニコリと笑ったが死神は睨み続けていた。 ページ14

「あ、貴方が"死神"さん?」


白い軍服の女がニコニコと笑いながら彼女に近付こうとする、

が、クラウンが彼女の前に立ち塞がり白い軍警は少し残念そうにしていた。

周りの組織の奴等は白い軍警をジロジロと見ていた。


「俺に何の用ですか?」


彼女はクラウンの横に立ち問う。

やはりニコニコして白い軍警は答えた。


「2人きりで話せませんか?」


その言葉に組織の奴等が罵声を飛ばした。

しかし、笑顔は崩れない。

強い人だと彼女は思った。


「いいですよ、では俺の部屋に。」

「龍巳、仕事は?」

「明日でも構わないでしょ、多分。」


曖昧な事を言って彼女は罵声をやめない同胞に一喝した。


「うるさい!何かあったら俺が何とかするからお前達は仕事をしろ!」


渋々と、嫌そうにだが彼等は仕事に行った。


「チッ…血の気の多い奴等だ。」


クラウンは苦笑を零す。

いつの間にかちぃが居なくなっている。

彼女は辺りを見回すが居ない。


(後で部屋に行ってみるか。)


白い軍警を私室へと案内する。


「龍巳、俺行くから、何があったら言えよ。」

「うん、ありがと。」


私室へと入ると白い軍警は感嘆の声を上げた。


「本がいっぱい!」


無邪気な声に彼女はふっ、と笑う。

そういえばあの子もこんな性格だったなと思い珈琲を淹れる。

ミルクと砂糖を机に置き茶菓子を用意する。

白い軍警は椅子に座る。

コトリ、と目の前に珈琲が運ばれる。


「ありがとうございます。」

「用件は?」


彼女はマスクを外さず白い軍警に問う。


「私は世羅といいます。」


世羅は珈琲を一口飲みまた笑った。


(よく笑う人だ。)


彼女はあまり笑わないが月やちぃはよく笑うのでそれと同じと認識した。

ツハラエルは真顔になれず、気色悪い笑みをずっと浮かべているので例外と捉えている。


「"死神"さん、死んでくれません?」


(また面倒なのがきた…)


彼女は溜め息を吐いた。

死をもって其の人は幕を閉じろと誰かが呟く。→←侵入者は刃を突きつけられても平然としていた。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:Twitter , フォロワー , 龍巳の小説企画
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

龍巳@キチガイ - 一部名前を変えている方もいらっしゃいます、コメント欄で名前を晒すのも止めて下さい。中傷、無断転載も同様です。ルールを守って下さいね。 (2016年10月7日 22時) (レス) id: 3d3a9ea8a1 (このIDを非表示/違反報告)
龍巳@キチガイ - 感想はこちらのコメント欄にてお願いします、TwitterのIDを載せたりするのは絶対にやめて下さい、評価は星とTwitterのふぁぼでお願いします。 (2016年10月7日 22時) (レス) id: 3d3a9ea8a1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:龍巳@キチガイ | 作者ホームページ:ホームページの追加は禁じます。  
作成日時:2016年10月6日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。