占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:126 hit、合計:13,463 hit

#246『マチ姐さん優しいよぅ……優しすぎるよぅ……(ウルウル)←』 ページ16

.

マチ
「なんだ、またこの子…」

マチが呆れ気味に言うと、クロロは興味深そうにゴンを見据えた。

クロロ
「ほう、こいつか。例の子供は……」

3人がゴンに注意を向けている隙にもう一度路地の方に目を向ける。

ラギが足を一歩前に出して私の事をじっと見つめていた。

キルアとラギはどっちが旅団の前に出るかどうかで揉めているようだ。

クロロ達は私とゴン、あともう1人の3人が追いかけていると思っている。

2人とも出てきちゃったら少し違和感あるもんね。



ラギ。

目で訴える。

ラギ。来ちゃダメ。

ここでラギが出てきたら不審がられるよ。

ゴンが出てきたならキルアが出てきた方が自然だ。

でも、

ラギが何か言いたそうな顔で私を見つめる。

でもすぐに俯いてキルアの方を前に行かせた。

『……………え、』

なんで?なんでなのさ、ラギ。






___なんでそんな、悲しそうな顔をするんだよ。








マチ
「そっちにもいるんだろ?出てきな。」

キルアがゆっくりと路地から姿を見せた。

マチ
「何の用だい。もうあたし達に賞金かけてるマフィアはいないよ。」

キルア
「えっ、ほんと!?」

キルアは何も知らなかった、と言わんばかりの声で言った。

マチ
「Aは知ってるだろ?そっち(ラフィン)の賞金も無くなってんだからさ。」

ゴンとキルアがいるからかラフィンの名前は出さなかった。

優しいなぁ、と思いつつもキルアに便乗して演技をしてみせる。

『えっ、そうなの!?知らなかった……』

マチは「あんたねぇ…」と呆れ気味に言った。



私はされなかったけど、クロロの指示でゴンとキルアがマチの念糸で拘束された。

#247『クロロに見つめられすぎると死ぬよ?は?イケメンすぎかよ?←』→←#245『せめてもう一歩前に出てればなんとかなってたかな…()』



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
77人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , H×H
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

緋乃__*(プロフ) - ユーリYURIさん» だがも駄菓子もありません!!笑 (5月22日 16時) (レス) id: d43820db5a (このIDを非表示/違反報告)
ユーリYURI(プロフ) - だ、駄菓子www (5月22日 14時) (レス) id: 84aaee8034 (このIDを非表示/違反報告)
緋乃__*(プロフ) - お花畑?さん» ああああありがとうございます励みになります!!頑張ります!! (5月22日 14時) (レス) id: d43820db5a (このIDを非表示/違反報告)
お花畑?(プロフ) - 更新待ってました!私、夢主ちゃんもラギも大好きです!ゆっくりでいいので更新応援してます!いつまでも待ってます!← (5月22日 0時) (レス) id: 6aa43b5d57 (このIDを非表示/違反報告)
緋乃__*(プロフ) - ユーリYURIさん» わああっ!ありがとうございます!頑張ります!! (3月2日 21時) (レス) id: d43820db5a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:緋乃__* | 作成日時:2020年3月2日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。