占いツクール
検索窓
今日:18 hit、昨日:211 hit、合計:114,439 hit

STEP27 ページ30

はぁ……

言ってしまった、わたしは

あんな、初対面で

言ってしまった


A「……びっくりしただろーなぁ」


契約書にサインをし、

すぐさま家に真っ直ぐ帰ってきた


リビングのソファに寝転がり、

テレビをつける


A「…大きくなってた」


天……

こんな形で再会するとは思わなかったな


まぁ、向こうはわたしが藤宮Aだなんて

気づいてないでしょうが

てか、もうわたしのこと忘れてるかな


陸のことはどうなんだろう

やっぱり、双子の弟だから覚えてるのかな


A「TRIGGER……」


ー 「わたしはTRIGGERのみなさんが嫌いです」



ほんの、数時間前にわたしが発した言葉


なんだか、

自分の気持ちに踏ん切りがついたよ

わたしはまだまだだから


TRIGGERさえも超えて

八乙女プロ一のアーティストを目指そう






A「さぁてと、そうと決まれば歌うか〜」

STEP28→←STEP26



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
127人がお気に入り
設定キーワード:アイドリッシュセブン , 小説 , 九条天
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SAKURA(プロフ) - こんなにhit数が伸びるとは思いませんでした。ほんと、驚きの毎日です!読者の皆様、本当にご愛読ありがとうございます!!これからも頑張ります! (12月18日 19時) (レス) id: dca568f45e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:SAKURA | 作成日時:2017年12月16日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。