占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:12,720 hit

似たもの同士かもしれない ページ17

善逸が出ていった後、胡蝶しのぶは考えていた。



ーーどうしてAさんの事を知りたがるんですか


彼女は何処か、自分自身に嘘をついているような
そんな気がしたのだ。

村田隊士の話を聞いて、その印象が強くなった。


確かに自分とは別の人格のような物を作って
演じることによって、楽に生きられる事もある。


でも彼女は。Aさんは...


「......とても辛そうに見えたんです」
独り言の様に呟く。







初めて会った時から。
『ありがとうございます、胡蝶さま』と
あの場で彼女が微笑んだ時から。

どこか無理をしているように見えた

力になりたいと思った。彼女が辛くならないように。








でも駄目だった。きっともう手遅れだったのだ。
そう、初めて会った時から。


『胡蝶さまはいいお方ですね』

...本当にいい人なら、私はー









怪我の手当てを終え、自室へ戻る最中、
我妻善逸は思い返していた。


Aからする音。獪岳から聞こえる音。

どちらも酷く想いあっている音だった。


しかし胡蝶に言ったことは嘘ではなかった
二人には恋の音も愛の音も無かった


あるのは強い執着の音だった
恋より愛より甘くてドロドロした音。
ずっと聞いていたらおかしくなるような、そんな音を互いに響かせあっていた。


だから怖いと思った。




いっその事、恋人同士であればいいのにと思った。
...炭治郎に言った時はまだ整理できてなくて、咄嗟に
『あの二人は恋人だ』なんて口にしたが。








Aは獪岳の話をすると喜ぶと同時に怒った音がする
初めて会った時からそうだった。

善逸は聞こえないふりをしていた


嫉妬にも近いような変な音。ドロドロの怖い音。



あんな音の人間に出会った事なんて無かった
Aは善逸にとって未知の人間だった






きっともう二人は壊れてる。








でも、それでも。






ー獪岳が、兄貴がそれで満たされるなら。




それでもいいかと
善逸は思ったのだった。

炭治郎と匂いの話→←知りたい



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
50人がお気に入り
設定キーワード:獪岳 , 鬼滅の刃 , 村田さん
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

瑠璃(プロフ) - 零華さん» そうなんです...彼には沢山知識つけてもらいたい...似合うしカッコイイと思うんです...!! (4月7日 19時) (レス) id: 2740432cb0 (このIDを非表示/違反報告)
零華 - 瑠璃さん» 確かに!!そんでもって外国の本とか、生物の本とか、そういう豆知識見たいのをどや顔で言う獪岳くんも見てみたいかも!!<答え>なにしても獪岳は、かっこいい。 (3月28日 14時) (レス) id: f56491ae0c (このIDを非表示/違反報告)
瑠璃(プロフ) - 零華さん» 獪岳には色んな本を読んで貰いたいです... (3月20日 20時) (レス) id: 2740432cb0 (このIDを非表示/違反報告)
零華 - まさかの百人一首?!獪岳は、本当に何してもかっこいい///。ちなみに、私は「君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな」が一番好きです!!。あと「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」とかも好きです!。(*^^*) (3月16日 13時) (レス) id: f56491ae0c (このIDを非表示/違反報告)
胡麻(プロフ) - 希乃夏さん» ありがとうございます!頑張ります! (3月16日 13時) (レス) id: 2740432cb0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ばりぼり | 作成日時:2020年3月12日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。