占いツクール
検索窓
今日:133 hit、昨日:307 hit、合計:289,660 hit

stage 4 ページ4

.





佐野さんが出て行ったのと同時に、涼太くんが楽屋に入ってきた。

そして私に軽く会釈をして「 おはよ 」と微笑んでくれる、朝から爽やかな王子スマイル




涼太「 え、なんの話?」

亜嵐「 Aちゃんモテそうだねって話 」





やめて、白濱さん。その話題をほじくり返さないで下さいな

涼太くんも「 確かに 」なんて笑ってるから

モテそうに見えても彼氏いないんですよってば。
言わないだけで …


先輩の杏さんも “ Aは媚びない所がいいよね ” なんて言ってくれる

… これはもう、話題を変えなきゃ。





「 やっぱ、佐野さんの彼女さんって可愛い方なんですか?」





咄嗟に出た話題は、佐野さんの彼女の話だった。

新人の私がタレントの彼女の事を聞くなんて非常識かも知れないけど

ただ単純に どんなレベルの方がお付き合いできるものなのかなと、純粋な疑問だったから。





涼太「 … 可愛い、のかな?」

龍友「 ぶっちゃけ俺全然タイプちゃうわ 」


裕太「 普通ちゃう?」

「 えっ、」







なんか、私が思ってた反応と違う

小柄で、可愛らしくて、清楚で優しい彼女さんって
勝手なイメージだったけど

… もしかして、そんなに可愛くない?






隼「 俺、Aちゃんの方が可愛いと思う 」

メン「 うん、確かにそれは言えてる 」




龍友「 つか、Aてウチの社内の中でも美人ランキング上位やろ。」


涼太「 綺麗な人は多いけど、Aちゃんわりと俺タイプかも知んない 」






え、え、嘘。ちょっとまって?

私の顔面でも、あの王子にタイプだなんて言われる?ランキング上位?


じゃあ、佐野さんの彼女って 一体どんな人なのよ

佐野さんは、外見よりも内面に惚れたとか?





「 せ、性格がいいとか … 」


亜嵐「 んー分かんない。俺らもそこまで詳しくは知らないからさ 」









そんな話をされた後だから、その後私は自然と佐野さんのことを目で追ってしまう。


まぁでも、企画会議中も眠そうにしてて
私の事なんか視界にも入ってないだろうけど





玲於「 メンディー、お茶 」

メン「 俺はお茶じゃないからね、はい 」





こんなワガママで、ツンツンしてるような人が
彼女の前ではどんな風に甘えるんだろう

いや、案外俺様タイプだったりして?



… どうしよ、ちょっと気になるかも。




久しぶりに “ 興味 ” 持っちゃった。




彼を攻略するのはすごく難しそうだけど

やってみたい、かも







.

stage 5→←stage 3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (272 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1603人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

りな(プロフ) - はじめまして!2人がもどかしいー!!続きが楽しみすぎます! (8月5日 1時) (レス) id: 12a3518566 (このIDを非表示/違反報告)
ゆりまる(プロフ) - 佐野さんもう手だしてくださぁぁぁいって笑笑 (7月29日 20時) (レス) id: fc778ff4c6 (このIDを非表示/違反報告)
ebichan(プロフ) - るのの。さん» ありがとうございます!!頑張っていきますね! (7月9日 22時) (レス) id: 88c81ce664 (このIDを非表示/違反報告)
るのの。(プロフ) - すごく面白くてこの作品大好きです!更新頑張ってください!! (7月9日 18時) (レス) id: a749bf11ae (このIDを非表示/違反報告)
ebichan(プロフ) - メグさん» ありがとうございます!更新頑張ります! (7月5日 8時) (レス) id: 88c81ce664 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:えびちゃん | 作成日時:2018年6月13日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。