占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:5 hit、合計:109 hit

山の神 ページ11

惑歌「とまぁ、ここまでが私の過去よ。」

惑歌「一応補足だけどローレライは約180年は生きるわ、私はまだ32年しか生きていない、人間でいうと、、、多分16才くらいね。」

フラワー「16才というと、高校2年生くらいかな。」


フラワー「さて、次は君だよ、矢君」

矢「あ、そうだったか。まぁ俺は矢の付喪神なんだが……」



矢「ねぇ、お母さん、また?」

父「こらっ!」

ゴッッ

頭を殴る音がする

父「"また"とはなんだ!母さんも一生懸命頑張っているんだぞ!」

矢「だって、、もう5人目なんでしょ?」

母「矢は初めて見るものね。夜に見える、形が変わる大きな石、知ってる?」

矢「うん、知ってる」

母「あれはね、お月様って言うのよ。」

矢「おつき、、さま。」

母「そう、お月様はこの世界の魂が還る処、そしてお月様が魂を還して下さっているのよ。」

矢「へ〜え」

母「あなたのお兄さん2人とお姉さん2人と今回のあなたの妹になるはずだった子も、お月様にいるのよ。」

父「お前はやっと生まれてこれて、しかもここまで育ったんだ。お前は命を大事にしながら狩りをしろよ。」

矢「うん、わかった。」


小さい頃のことをふと思い出していた。

弓(くう)「あれ?兄ちゃ、帰ってたの?」

弓「ってまた兄ちゃ本読んでる〜」

矢「だって、これがいい子になる1番の方法なんだぞ!」キラキラ

弓「そんな自信満々に〜」

こいつは弓(くう)、しばらく間が空いてからできた大切な弟だ。

そして最近俺は、"いい子"になることを目指している。

だからたまに隣の剣の付喪神の村から流れてきた本を読んでいる。

これがなかなかおもしろい。

とくに今読んでいる本のセリフの1つ、

『あの声は覚悟していた、絶対に戻っちゃいけない』

というセリフがお気に入りだ。いつか使ってみたい。

矢「そういえばそろそろ秋か…」

弓「そういえばそうだね!涼しくなってきたし!あ〜収穫が楽しみだなぁ〜♪︎その後の冬の雪もいいよねぇ〜!」

矢「そうだ、山の神には気をつけろよ。」

弓「山の神?」

矢「ああ、秋の間に出てくる大きな白イノシシさ、牙が鋭く大きくて、その為朝山の神様だとも言われているんだ。俺たちを殺すこともあるんだぞ!」

大きな石に帰る人→←紙飛行機で伝えたかった思い



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:山岸ふあ | 作成日時:2020年4月14日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。