占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:1,196 hit

Episode 3 ページ4

Aside





?「思い出したか?」





『あぁ。でも、なんで子供になってんだよ。』






これはあれか?あの名探偵コ○ンみたいに薬とかで…





?「少々君の体に細工をしてあげたんだ。まず、君は身体能力がいい。それを更に良くしたんだ。子供にするといろいろと便利なんだよ。」






『まて…なんのためにだ?』





 
嫌な予感しかしない…いや、まぁこんな事されていい事をされるなんてことは無いだろうけど…






?「…ついてこい。」





そう言って部屋から出ていった。






急いで追いかけようと自分も部屋から出ていくと、今度はとても広い部屋に出た。






しかし、あの男は消えていた。







『おい!どこいった!』






周りを見回していたら扉が閉まった。






どうやら閉じ込められたようだ。






?「ここだよ。」






声のする方を見ると、窓の外からこちらを見ていた。






『どういう事だよ…。』






すると、やつは楽しそうに言った。






?「バイオハザードは好きかい?」






次の瞬間、奥の扉から沢山の人間ではない何かが襲ってきた。






それは、バイオハザードのゾンビと酷似していた。

Episode 4→←Episode 2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:最俺/自称Top4 , キヨ , ゲーム実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2018年2月11日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。