占いツクール
検索窓
今日:21 hit、昨日:93 hit、合計:42,077 hit

10.0 死がふたりを分かつとも ページ32

悟空side




膝をつき、両手をつき、まるで土下座でもしているような格好でいるが、今はそんなの気にならない

疲れすぎて、幻聴でも聞こえたかな

それとも、なまえの作戦なのか?

出来る限りの言い訳を、頭の中に沢山思い浮かべる

だけど、心の支えにするには、どれもあまりにも脆かった



ベ「どういうつもりだなまえ!」



ベジータの叫びに、はっとする

でも、なまえの顔を見る勇気がなくて、オラはただ、灰で薄汚れた地面を見るしかなかった



ブ「どうしたのよ!孫君のこと、忘れちゃったの!?」



恐怖に怯えながらなまえの返事を待つも、帰ってきたのは、ブラックの声だった



ブ「いいや、彼女は忘れたわけではない」

マ「なら、一体どういうことなんだい!」



マイが、銃口をブラックへ向けながら叫ぶ

けど、きくわけないので、横にいたトランクスが、片手でそっと銃を下げた



ザ「そう、我々は正しい記憶に書き直しただけだ!」

ベ「書き直しただと?」



ザマスの言葉に疑問を覚えたベジータは、少し離れた所にいる、ゴワス様と界王神様に叫んだ

どういう事なのかと

すると、界王神様は、少し声を震えさせながら答える



神「神ですので、人間の記憶を作り変えることなんて、簡単にできてしまうんですよ」

ト「記憶を作り変える、だと!?」



界王神様の言葉の意味を、すぐ理解できた

つまりあいつらは、今まで積み上げきたオラたちとの記憶をごっそり削り、そこに自分たちに都合のいい記憶を入れ込んだんだろう

オラとなまえが出会わなかった、もしもの世界

それが、現実になろうとしている

いや、もうなってんのか

ただ1人で、静かに考えていると、界王神様より声を震えさせたブルマが、ゴワス様問う



ブ「も、もちろん記憶は戻るのよね!?神様だもんね!?」



ゴワス様は、静かに言葉を放つ



ゴ「出来ぬ。消すのは簡単だが、戻すのは難しい」



その言葉に、ブルマは地面に座り込む

そして、大声で泣いていた

そんなブルマの肩に手を置いたトランクスは、ゴワス様へ叫ぶ



ト「過去へ戻れば、ドラゴンボールがあります!」

ゴ「それも叶わぬことだ。神の力は、それほど強大である」



誰もが黙った

更に活気のなくなったオラたちに、ゴワス様は、ゆっくりと話す



ゴ「だが、神には出来ぬことでも、人間なら出来ることもあるかもしれん」



どういう意味なのか

それは、もうすぐわかる

10.1→←9.9



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (75 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
128人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

イミチャミ - この小説大好きです!!もう20回位よんでます!! (8月12日 16時) (レス) id: fe9534ed2a (このIDを非表示/違反報告)
無名 - そろそろ小説再開してください。続きがきになります。 (3月29日 16時) (レス) id: c2b0079e10 (このIDを非表示/違反報告)
無名 - 続きをお願いします。 (1月29日 21時) (レス) id: 3bd806a6e0 (このIDを非表示/違反報告)
無名 - 更新頑張ってください、続きが気になります。 (1月8日 0時) (レス) id: 3bd806a6e0 (このIDを非表示/違反報告)
無名 - 続きが気になります。どうか更新をお願いします。 (11月25日 18時) (レス) id: 2e47bfbbdf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぐーちゃん | 作成日時:2017年3月18日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。