占いツクール
検索窓
今日:71 hit、昨日:110 hit、合計:42,526 hit

ずっと ページ25

*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚
樹side







『っ、おい!』


大声で呼べば、大袈裟な程にビクッと揺れる肩。
そいつは俺が思った通り挙動不審に立ち止まって、恐る恐るこちらを振り返った。
そんなゆっくりしてるのを待ってられるほど、俺は気が長くない。

建物を出ようとしていた翔平を呼び止めた。

俺はもう、決めたから。

さっさと呼吸を整えて翔平に近づく。
戸惑いの色を見せる瞳は、心做しか濡れている。
翔平の手を取り、優しく握った。




『ごめん。』

「へ、?」


なんとも翔平らしい間抜けな腑抜けた声。




『逃げて、ごめん。傷つけた。』


翔「っ、…」


『怖かった。翔平に嫌われたんじゃないかって。…馬鹿みたいだけど、自分から告っておきながら、いざ本当に嫌いって言われるの…めっちゃ怖くて。理由も聞こうとせずに、このまま俺が何も言わなかったら全部、無かったことにできるんじゃないかって、思った。』

翔「…」



『…でも無理だった。翔平に避けられる度に、苦しくて、どうしたらいいかわかんなくて、!…俺には翔平が必要なんだと思う。だから、改めて言わせて。』









『ごめん。ずっと翔平だけが、好きだよ。』





その瞬間、翔平の目から大粒の涙がぼろぼろと溢れ出た。握った手にぎゅっと力を込めた翔平は、泣きながら喋った。


翔「…俺の方こそっ、ごめん、!っ、自分が傷つきたくなくて、樹のこと避けてた…俺だって一緒だよ、ホントのこと聞くのが怖くて。傷つけた。…逃げたのは…俺の方だから…」


『…うん。』


止まらない翔平の涙を優しく拭う。
1週間やそこらでできた壁なんか、ぶち壊してやる。
そんなの、俺が翔平を好きな気持ちの方が何倍も強いに決まってる。

今までの自分があほらしいし、そんなの俺らしくない。

握った手をそっと引いて、腕の中に収めた。
それでもこいつは、俺にされるがままだから…もう期待するのはやめた。



確信してやる。









゚・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚

2度目→←勘違い


作者の呟き

リンクちゃんと貼れてなかったごめね


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (102 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
366人がお気に入り
設定キーワード:THERAMPAGE , 藤原樹 , BL   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白湯(プロフ) - トマトさん» ありがとうございます。完結まで行きつけたのは読者の皆様のおかげです…!本当にありがとうございました。明日辺り、しょへさんのお話をあげる予定ですので、楽しみにしていてください♪ (12月15日 22時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
トマト(プロフ) - 完結まで書いていただきありがとうございます!途中切なすぎて、本当に泣きました…このお話大好きです!!!山彰さん北人さん海青さんしょへいつのその後も全部気になります…お時間ありましたら書いていただけると嬉しいです!! (12月15日 19時) (レス) id: 30ecbafb1c (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - さーきーさん» ありがとうございます。色々書きます!完結できたのも読者様のおかげです。本当にありがとうございました。もう少し、お付き合い下さい。 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - ゆあらむさん» ありがとうございます。楽しんでいただけて何よりです、!続編、前向きに検討させていただきますね。その時はまたよろしくお願いします。笑 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - Kerooさん» ありがとうございます!拙い文章にもお付き合いいただきありがとうございました!そう言って頂けると作者調子に乗ります…笑、お楽しみに♪ (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白湯 | 作成日時:2020年10月18日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。