占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:2 hit、合計:2,561 hit

不幸 ページ3

りかside

次の日の朝普通に学校に言っているときだった、いきなり苦しくなった。

きずいたらベットの上にいた。

りか「えっ!?ここはどこ?」

ある男の人が入ってきた。

男の人「具合は大丈夫❓」っと言われた。

りかは、「はい」っと言った

りか「あのーあなたは誰ですか?」

男の人「僕は、医者だよ。君の担当医だよ。」

りか「どういう、ことですか?何で、あなたが私の担当医なんですか?私は元気ですよ」


医者「君は、倒れてこの病院に運ばれてきたんだよ?何かあるかも知れないからね。検査入院をしてもらうよ。」


りか「えーー!!待ってよ、そしたら練習見に行けないじゃん!病院嫌だよー!」


医者「ダメだよ。入院してもらわなきゃ!!」


りか「絶対?」


医者「絶対」


りか「はーい」




その頃にそらは、りかが学校に来ていないのにきずいていた。


りか何で休んでるだろう。放課後りかの家にいってみるか。



りかに何があったのかしらないそら。









これから、どうなっていくのだろうか。

会いたい。→←二人の幸せの時間



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ねこねこ | 作者ホームページ:ねこねこ  
作成日時:2017年8月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。