占いツクール
検索窓
今日:855 hit、昨日:1,432 hit、合計:299,544 hit

ギャップ萌えの域を超えている ページ16

.




禪院家(?)から無事帰ったあと。私は父の料理音を聞きながら、考え事に耽っていた。



────逃げたくなったら来るといい、とは。いったいどういうことなのだろうか。

なに?喧嘩したら来いってこと?それともパパ黒から逃げたくなったら来い?…うん、全くわかんねぇ。





『(でも、まだパパがこっち側じゃないのは確実…)』



まだ心の何処かにしこりがある筈だ。

そういう素振りは見せるが、瞳が物語っている。普通の親の愛よりも確実に愛情が少ないと。



────うぅん。どうしたものか。


「おい、A」



腕を組み唸っていると、パパが私の名を呼ぶ。『なぁに?』といつものように笑って振り返れば、彼は皿を両手に持っていた。





「あっちにまだ置いてるから、それ持ってこい」

『うん、分かった!』



トテトテと小さい体なりにキッチンに向かえば、そこに並ぶのはオムライス。

綺麗な見た目と美味しそうな匂いに、喉がゴクリと鳴った。


だが直ぐにハッとする。早く持っていかねば。皿を持ってテーブルに運ぶ。テーブルにはサラダがちょこんと置かれていた。





『わぁっ…!美味しそうだね!』

「当たり前だろ」

自信満々に言い放つパパ。早く座れと急かされたので大人しく座る。



「手ぇ合わせろ」

『ん!』

「…いただきます」

『いただきます!』



スプーンを持ってオムライスを1口分すくう。それを口を含むと、衝撃的な味に体が震えた。






『(────マッッッズ!?)』



とんでもなく不味かった。あまりの美味しさに体が震えたのではない。あまりの不味さに体が震えた。

見た目は綺麗なのに、何故こうも味はよろしくないのか…、



『(でもパパ黒は料理上手そうなイメージだったんだけど…、)』



────あ。そっか。まだプロのヒモじゃないからか。


時間軸的にまだ彼は禪院家に身を置いているのではないか。
それならこんな料理になるのも、まぁ少々突っかかる部分はあるが、納得できないわけではない。



…いやでも、さっきパパ自信満々に答えたよな。





『…ちょっと聞きたいんだけど、調味料とか、具材とか…何入れた?』

「手当り次第に入れた」

『てあたりしだい』



そりゃ不味くなるよォ…それなのに何で見た目は私よりも綺麗なの…????



『…パパ。今度…一緒に作ろうね…』

「おー。」





そう言いながらパクパクと口に入れていくパパを見て、味覚もおかしいのだと察した。





.


※作者の妄想です

全部、虹色で塗りつぶしてしまえ→←黒珈琲色にハートを秘める



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (844 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3434人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 伏黒甚爾 , 五条悟・夏油傑
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぴえん - 更新まってます。無理せずがんばってください!! (2月25日 1時) (レス) id: cc5bbc3067 (このIDを非表示/違反報告)
透真 - 伏黒パパが、更正したら良いお父さんになりそうですよね~。夢主頑張って感じですね!!! 更新楽しみにしています。(*^-^*)♪ (2月20日 3時) (レス) id: b8cb4c9ad0 (このIDを非表示/違反報告)
- すっごくタイプです!奮闘する夢主ちゃんカワ(・∀・)イイ!!更新待ってます! (1月29日 18時) (レス) id: 9f4a8dbb0c (このIDを非表示/違反報告)
夜空の星 - ある姫を思い出す…。好きです!!頑張ってください(^^) (1月28日 17時) (レス) id: ab019124cf (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 面白い……!!続きが楽しみです!! (1月24日 13時) (レス) id: 98a3710ab0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:イケメンになりたい。 | 作成日時:2021年1月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。