占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:7 hit、合計:70,717 hit

197.地獄だ…。 ページ9

. .









1月ながらも、グアムでは温かい太陽が出て、
とても気持ちのいい天気だ。




そんな中で、私達の自主トレは始まった。









勇「Aー?ちゃんとアップしときやー?」

「はーーい」

実「なぁ勇人、アップしたらもう各自で練習してい
  いかー?」

勇「全然ええっすよ。ただ辻とAのルーキー組は
  俺と村田さんで見るんで」

実「じゃ、また昼な」

勇「はい!」








自主トレっていっても、
何するのか初めての私にはよく分からない。


おそらく今日は、村田さんと勇人さんとはるくんとの4人で守備練なのかな?









勇「A、はるともー
  アップしたらこっち来いよー」

辻「うっす」

「はーい」









私が今年、広島のキクさんもいるのにゴールデングラブ賞をとれたのは本当に嬉しかった。

けどいつまでもヘラヘラ喜んでたらだめだ。

来季に向けて精進しないと…









勇「始めに言っとくわ。中途半端な気持ちで自主ト
  レするんやったら参加せんでええで。
  きつい言い方になるかもしらんけど、
  俺は自主トレを調整とは思ってへんから」



" バリバリいくからな。"

と笑いながらつけたした。






「もちろんです!中途半端なんかじゃありませんよ
 !!」

辻「びしばしお願いします」

村「気合入ってんなー、勇人」

勇「まぁ(笑)じゃあ始めましょーか」









.









それから、

1時間が経過した今。









「……はぁ…」

辻「…ふー……」


村「お前らもうバテたんかよー」

勇「まだまだっすね!w」

村「びしばしお願いしますっていっただろー?」







かなり…きつすぎて。

あ〜。ベテランの先輩方は半端じゃないほど体力あるなぁ。








村「1時間ノックしただけだろ(笑)」

辻「いや、1時間(も)っすよ?」








1時間ずーっと私達二人が、
永遠にノックをされ続けて。

もう300球近く受けてるんじゃ…








勇「次、お前ら二人ノックしてやー?」

村「頼むぞー」


辻&A「「え、」」









地獄の自主トレになりそうです。









.

198.にぎやかな1日。→←196.今年の覚悟。勇人side



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (35 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
362人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

yuka(プロフ) - いつも楽しくこの作品を見ております。突然ですがこの作品のΔ呂匹海砲△蠅泙垢? (4月7日 5時) (レス) id: e527375542 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:な つ き | 作成日時:2017年11月23日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。