占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:18 hit、合計:68,349 hit

205.名前。勇人side ページ17

. .


【続】





勇人side









「なぁA」

A「はい?」

「もうあんまり我慢とかせんといてほしい」

A「してませんよ!!そんなの…我慢じゃなくて
  わがままですよ」

「彼氏に誕生日祝ってほしいって全然わがままとち
 ゃうやん」

A「……すいません」

「いやいや、なんで謝るんっ」









時々、Aの考えてることがわからんくなる。

自分のことめっちゃ謙遜するし、ずっと謝ってばっかやし。









「ちゃうねんって。俺かってAの誕生日祝いたい
 やん?」

A「…」

「それに、選手一人の誕生日パーティーのために
 あんなベテランの人とかまで集まるか?」


" Aやからやで? "



A「…はい」

「とりあえず、何でもひとりで溜め込んだりとかす
 るのも、今回のも、わがままじゃないからな?」

A「…コクン」







さっきからAは、黙り込んでうなずいたり、
小さい声で『はい』って言うだけ。

ほんまに女心って全然わからへん。

普通は祝ってほしいって思わんの??


それともこいつやから…か?









「はい、もうこの話終わり。そんな暗い顔せんの」

A「…わがまま」

「ん?言ってええでー」

A「じゃあ…前、勇人さんが言ってたこと実現
  させてもいいですか?」

「え?なんのこと?」







えっとー…
何かゆったっけ?






A「え!忘れたんですか!」

「えーっと、ごめん(笑)」

A「…勇人さんの誕生日の日。家に泊まったとき
  言ったじゃないですか。敬語とかさん付けと
  かいらないって」

「あーー!そのことか!」







そーいや言ったっけな。

勇人って呼んで、とか…俺キモい。



こいつまだ覚えてくれてたんや。









A「さすがに練習中とか野球のときは先輩後輩で
  すけど、プライベートでは…その……」

「おお!そーしてや!」

A「あー…でも。うっかり練習中とかにタメ語で
  ちゃったらまずい」

「えーよ別に」

A「けどー…」

「まぁとりあえず、一回呼んでやww」

A「は、…はや………」

「もー…『さん』を消すだけやん」

A「えっと…勇人………さん」

「だから『さん』いらんってw」









あーあかん。

こいつ可愛すぎ。


彼女に名前で呼ばれるのがこんな嬉しいなんて。








A「はや……っはやと…さん」

「もー練習やな」







.

206.どうしよう。→←204.ぱーてぃー 勇人side



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
357人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

yuka(プロフ) - いつも楽しくこの作品を見ております。突然ですがこの作品のΔ呂匹海砲△蠅泙垢? (4月7日 5時) (レス) id: e527375542 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:な つ き | 作成日時:2017年11月23日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。