占いツクール
検索窓
今日:338 hit、昨日:630 hit、合計:61,952 hit

163号室斧に縋る ページ8

隔離病棟とはいえ、ここにも庭くらいはある。

まぁ今、その庭に向かっている所だ


「神様ー」


不思議な呼び方で私を呼ぶのはフィオナさん

『ここ数日で随分元気になったね!』


「神様のお陰ですよー!」



うん、元気なのはいいことだ


「で、神様、庭に行くみたいだけどお散歩?」

首をかしげ、聞いてくる

『あのですね、庭の木が毎日一本ずつ切り倒されてるんですよ。』


『お花とかは被害ないのに、なんでですかね、、、?』



「う一ん、、、あっ!」







「分かりました!多分、あの小さい子ですよ、え一っと、確か名前は、、、」




「ロビーだよ」



『え?、、、わっ、びっくりした、、、!』


「そうそう!この子です!」



足元から声がして下を向くと、頭に麻布を被った男の子が此方を見上げていた





『えっと、あの、、、手に持っているそれは?』



「僕の大切な斧だよ!」



『わわわわ、危ない!危ない!』


体に合わない大きな斧のぶんぶんと振り回すロビーくん


『と、とりあえずロビーくん、木、切るのやめてね?』


「えー、つまんないつまんない!」



「何か切りたい!なんでもいいからっ!!」


また斧を振り回し、暴れだすロビーくん


「あ、じゃあ、薪割り、頼んだらどうですか?」


『あぁ、そういえばここまだコンロないですもんね、、、』


食事を作るとき、毎回薪を割り、火を起こしてから作り始める



「!薪割り!お願い!させて!」



『じゃあ、今日から頼んでいいかな?』


「うん!!」



頭を撫でると、嬉しそうに斧を持って部屋に消えて行った



『あの、頭、撫でた時に』









『袋だけ、触った感覚しか無かったんだけど』









『気のせい、だよね?』









「また薪割り、出来るよ!」



部屋に戻った少年は









「頑張ろうね、僕」




自ら切り落とした首を







ゆっくりと撫でた

153号室紅蝶の孵化→←217号室機械仕掛け



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (165 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
600人がお気に入り
設定キーワード:第五人格 , 隔離病棟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

咲夜さん親衛隊隊長(プロフ) - 暁さん» コメントありがとうございます!いいですよね、ハスター様、、、!これからも頑張ります!! (7月5日 17時) (レス) id: 0f55aae1e0 (このIDを非表示/違反報告)
- ハ、スター様…??ほんとすきです…ありがとうございます…(;;)ハスター様が出てくる短編少ないんですよね…黄衣の者の文字を見た瞬間ひょぇ…と変な声が出ましたありがとうございます…。これからも応援しています。頑張ってください…! (7月4日 0時) (レス) id: 89b85d5207 (このIDを非表示/違反報告)
咲夜さん親衛隊隊長(プロフ) - 修学旅行で、明日から金曜日まで更新出来ません、、、。 (7月1日 21時) (レス) id: 0f55aae1e0 (このIDを非表示/違反報告)
咲夜さん親衛隊隊長(プロフ) - 私の予想、というか予定では、そろそろ終わらせてもいいかなぁ、、、と、思っていたりいなかったり。 (6月26日 23時) (レス) id: 0f55aae1e0 (このIDを非表示/違反報告)
咲夜さん親衛隊隊長(プロフ) - コメントありがとう御座います!土曜日の夕方辺り更新致しますので、よろしくお願い致します!(>_<)ゞ (6月21日 17時) (レス) id: 0f55aae1e0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲夜さん親衛隊隊長 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/  
作成日時:2019年6月9日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。