占いツクール
検索窓
今日:192 hit、昨日:204 hit、合計:25,067 hit

29話 ページ33

モトキ俺もAちゃんに伝えることあるから笑




最終公演の本番前、控え室でモトキくんからの返信を見返す。



伝えること…?

なんだろう。またコラボの件かな。



でも今日は私が彼に感謝を届けるんだ。
モトキくんだけじゃない。リスナーさんやその他の友人。



そして、" 天月くん" に。




「るりまっちゃさん!準備をお願いしまーす!」




スタッフさんの呼ぶ声がする。

『るりまっちゃ。』の全てを込めたステージ、伝えるから。






OPムービーが始まり、私の大好きなRPG風のナレーションが流れる。



「東京ー!!!」


私はそう叫び、そのまま1曲目に入る。


思いの丈を詰め込んだ最後のステージが始まった。




アルバムの新曲を中心にカバー曲も交えながらライブは進む。


途中で関係者席に歌い手仲間やFischer'sのみんなが見えて思わず泣きそうになってしまった。



まだ泣いちゃいけない、と自分に言い聞かせて最後まで歌いきり、ステージを1度降りる。




そして、アンコール。


私にとってここからが、正念場だ。





アンコールの2曲を歌いきり、最後の楽曲へと繋ぐMCへ入る。






「えー、本日は "レンズ越しの絵空事 "全国ツアー最終公演へお越しいただき、本当にありがとうございました!

私は今まで、色々なことに怯えながら過ごしてきました。やりたいことがあっても、それに怯えて何も出来ない。
自分は本当にダメなやつ、自分なんて大嫌い。そう思いながら生きてきた。

このアルバムを制作している時期に、すごく辛いことがあったんです。でもその時にとある人が教えてくれた。『泣いていいんだよ、怖がらなくていいんだよ』って。


だから私は、自分を変えるために大切な友人である天月くんにお願いをして、彼の楽曲を借りてきました。」



『天月くん』という名前を出したことで、会場が少しざわつく。

中には戸惑いの声さえ聞こえた。


今まで男性歌い手と関わることのなかった私からその名前が出るなんて思いもしなかったのだろう。


こうなることは、分かってた。


それでも、私は変わらなきゃいけない。

30話→←28話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
67人がお気に入り
設定キーワード:Fischer's , モトキ , フィッシャーズ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Yuki(プロフ) - 一気読みてしまいました…笑素晴らしいお話でした!!!天月くん視点の話も見てみたいです! (9月25日 20時) (レス) id: 4a658d8cff (このIDを非表示/違反報告)
ここぐみ - 付き合ってからの二人が気になる! (9月6日 19時) (レス) id: 08670c7dca (このIDを非表示/違反報告)
せいら/うおたみん(プロフ) - 付き合ってからの2人、気になります!お時間があれば、ぜひ作ってください(´∀`)次回作も楽しみにしてます(*^^*) (9月3日 21時) (レス) id: 2c14e8117c (このIDを非表示/違反報告)
アルト - はじめまして、初コメント失礼致します。來様の語彙力や文章力、表現力とても尊敬します。今後の展開がとても気になります。更新楽しみにしておりますので、お体に気を付けて頑張ってください。 (8月28日 22時) (レス) id: 1aed7dfe1b (このIDを非表示/違反報告)
www - うーーーーーーたーのしみーーーーーー!!! (8月28日 16時) (レス) id: bb2f701b11 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:來(らい) | 作成日時:2019年8月13日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。