占いツクール
検索窓
今日:488 hit、昨日:2,330 hit、合計:488,417 hit

ページ14

「……子守唄?」


恐る恐る目を開けてみると、うらた様は既に私から顔を離していた。

そしてそのまま、また昨日のように可笑しそうに笑って、笑い疲れたように少量の涙を拭うと「お前は本当に面白いな」と言った。必死なだけで何も面白くはないと思うのですが!

っていうかからかって遊んで私の反応で爆笑するなんて酷くありませんか!?


「……皇帝様はからかうのがお好きなんですね」

「お前がいちいち面白い反応をするのが悪い」

「そ、それは、うらた様が、かっこよすぎるからです!!」


すると彼は急に目付きを鋭くさせて真っ直ぐにその目線でこちらを射抜き、あっと思った時には押し倒されてしまっていた。もう笑ってもいない、ただ『男』の人の顔をしたうらた様が、私を床に押し倒している。


「……あまり可愛いことを言うな。夜まで抑えが効かん」


目線の先には、彼の綺麗な瞳がある。

……逸らせない。目を瞑ることすら、多分この場では許されない。まるで見えない縄で拘束されているみたいだ。


「そうだな、朝にするというのも……悪くないかもな」

「え、あっちょ、ちょっと待ってください!夜まで!夜まで待って下さるって仰いましたよね!?」

「気が変わった、と言ったら?」

「そ、そんなぁ……」


いったい私の何が彼の琴線に触れてしまったのかは分からないが、どうやら私の何か不用意な言葉が彼の何かしらを刺激してしまったらしい。この世界の人ってみんなこんなに頭がおかしいんですかね!!それともこの皇帝様だけですか!!


(だっから無駄に顔が良過ぎるんだってば〜!!)


「……A」


熱を含んだ声で名前を呼ばれ、そのまま整えられた着物の下へと手が入り込んできて焦った。まってと言って必死にその手を掴んで止めるが、その手ごと捕えられてまた唇を奪われそうになった___その時だった。


「陛下、お食事の御用意が出来ました」


扉の向こうから、侍女の声が飛んできた。唇が触れる寸前で止まり、苛立たしげに舌打ちをしたうらた様は私から離れて「入れ」と言う。低めの声になっていたのを聞いて、それは八つ当たりが過ぎるのではと思ったが、とにかく助かった……侍女さんナイスです。ナイスタイミングです。危うく私、覚悟も決まっていない朝の内から食べられちゃうところでした。

慌てて起き上がるのと同時くらいに侍女の人達は扉を開けて豪勢な朝食を運び込み、色々と察していたらしくそそくさと出て行ってしまった。

も、もっとゆっくりして行ってよ〜!!

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (891 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2432人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 浦島坂田船
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みかげ - …ま、マジかよ!?って感じで読ませてもらいました!2章がとても楽しみです! (4月5日 11時) (レス) id: 6950eae76b (このIDを非表示/違反報告)
紅羽(プロフ) - 一章の終わりが予想外の展開すぎてワクワクが止まらないですッ!!二章も楽しみにしています! (4月4日 12時) (レス) id: de0e7143c3 (このIDを非表示/違反報告)
さら(プロフ) - どうしようもなく尊い..( ノД`)… (4月4日 1時) (レス) id: 09e45a24f5 (このIDを非表示/違反報告)
星崎ゆぅり(プロフ) - 初コメ失礼します!この作品を初めて見たのですがとても好きなお話です!占ツクで初めて見た作品が子さんので本当によかったです!これからもずっと応援しています! (4月3日 8時) (レス) id: b428de52b1 (このIDを非表示/違反報告)
子@友達申請受け付けてません(プロフ) - せらももさん» せらももさんありがとうございます.......!!勿体ないお言葉です。私もせらももさんの書かれるお話待ってますね。こちらにわざわざコメントありがとうございます。 (4月2日 23時) (レス) id: fa9aff1995 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/8ef4f72c271/  
作成日時:2019年3月4日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。