占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:91 hit、合計:111,339 hit

24-3 ページ46

白馬「では、工藤さんと僕は少しお話を…」

『え?』

コナン(おいおい‼)

肩を抱き寄せられた希良は、あわあわとした

『あ、えっ!』

白馬「探偵として色々と話してみたいので」

『ええっ!?』

整った顔を間近で見た希良は、うっすら赤めた頬に手を添えた

『そ、そんな!白馬さんなんかに私の話なんて…‼「そうですか?あなたの活躍はバアヤからよく聞いてますよ」ええっ‼』

余計に慌て出した希良に白馬はクスッと笑った

白馬「話は今回は諦めるとしましょう…」

『は、はぁ…?』

白馬「その代わり、連絡先を交換して頂けませんか?」

『え?あ、はい‼』

慌てて返事をした希良に白馬はクスッと笑った
何をしてもイケメンはイケメンである

『あ、ここ圏外ですね…でしたらこの館を脱出した時に…』

白馬「あなたは脱出できると?」

『ええ…何が何でも出てやりますよ…?このくだらない茶番を…終わらせるために』

白馬「‼」

鋭く目を光らせた希良は、白馬からスルリと抜け出しコナンの元に向かった

白馬「…………

(綺麗な方だな)」

ーーーーー
ーーー


槍田「ええっ!?千間さんが殺された!?」

館に戻ってきた小五郎と茂木はさっきあったことを話した

茂木「ああ…車のライトをいじると爆発するように細工されてたみてーだぜ…」

蘭「そ、そんなぁ…」

毛利「待っていても殺られるだけだ…本当にち我々の他に館の中に誰かいるか手分けして捜してみよう!」

槍田「じゃあ私達は女3人でチームを組もうかしら…その方が連れションもできるしね♡」

『私はコナン君とおじさん達と手分けして捜します…いざとなれば“個性”使うので』

毛利「ああ…」

コナンを抱き抱えた希良に小五郎は「頼むぞ、未来のヒーロー」と微笑んだ

茂木「おい…そういえば茶髪で色白の兄ちゃんはどうした?」

槍田「さあ…工藤さんを口説いた後見てないけど…彼が連れてた鷹に餌でもあげてるんじゃないの?」



.




茂木「ホー…シャレた物が置いてあるじゃねーか…」

毛利「ピアノの縁に引っかいたような真新しい傷がついてるな…」

4人はピアノのある部屋に入った
グランドピアノがおいてある部屋は、少々埃をかぶっていた

茂木「そいつは恐らく鷹の爪痕だ…あの兄ちゃんもこの部屋に探りを入れてたってわけよ…」

コナン「あれれ?ピアノの鍵盤の間に何か挟まってるよ!」

茂木「んー?」

24-4→←24-2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.8/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
155人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» キッドを最後に出した後、時計仕掛けの摩天楼の中間あたりを出そうと思ってます (2018年9月16日 15時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» 多分終わりますね、最終局面ですから (2018年9月16日 13時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» 黄昏の館編楽しすぎて、2週間あっという間に終わるかもですね (2018年9月16日 13時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» 大好きなみんなですから、無茶しますよ夢主さん (2018年9月16日 13時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» はい!めちゃくちゃになりながらそーなっていきますね!夢主さんは人の命がなくなるのがコナン君同様1番嫌っていますから (2018年9月16日 13時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:サッカーバカ | 作成日時:2018年9月16日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。