占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:164 hit、合計:64,369 hit

1滴:学級委員 ページ2

.









「ねぇ昨日先生が言ってたでしょ。“学級委員は明日残れ”って」


『あれ?そうだっけー忘れてた!ごめーんスガちゃん』


「…はぁ」









ポチッと電話を切る。






今電話したのは、私_______菅Aと一緒に2年5組の学級委員をしている野原だ。






2年5組は進学クラスなのだが、人を見た目で判断してはいけないというのはこのことだろうと思う。


野原は見た目や性格がチャラチャラしている。が、頭は良いらしい。






…とこの話はやめにしよう。今、目の前にあるものを終わらせよう。









私は1人ぽつんと教室の中にいる。私の目の前には大量のプリント。そして、机の端に付箋。


付箋にはこう書いてある。




_______________学級委員2人でこのプリントをホチキスで束ねてとめてくれ。すまない。




と。






こういう時、先生が私達を“利用”してるんじゃないかと思う。


まぁ先生も先生で忙しいんだろう。


_______________“そう思っていた”。



















「…終わったー」









どのぐらい時間がかかったのだろうか。窓から外を見るともう真っ暗。









「早く持って行こう…」









両手で持ち、そっと職員室まで持って行った。









______________________


________________


_______









そもそもなんで学級委員をしているのかと言うと、これは“しょうがない”という言葉がぴったりだ。






私のクラスでは学級委員を立候補する人が1人もいなかった。だから先生が紙を配布し、名前を書くことになった。



そこまで周りの人と親しくない私は“どうせならないだろう”と思った。しかし、クラスのほとんどの人が“私の名前”を書いたのだ。



これは予想外すぎて、手に汗を握った。









「菅、いいか?」









と先生に言われ、そして皆からの視線が痛くて結局学級委員になってしまったのだ。




私が決まれば、その後“ノリ”で野原が立候補したということだ。






ああいうチャラチャラした奴だからほとんど…いや、全部“私が仕事をしている”。









だからさっきの電話もどうってことないのだ。

2滴:職員室→←0滴:出会い



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (132 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
315人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー!! , 菅原孝支 , 烏野高校
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ノン(プロフ) - みなさん» コメントありがとうございます。私もスガさん大好きですね(笑) (9月16日 15時) (レス) id: 06efefbac8 (このIDを非表示/違反報告)
ノン(プロフ) - 渚@俺ナーさんさん» コメントありがとうございます。更新がんばります! (9月16日 15時) (レス) id: 06efefbac8 (このIDを非表示/違反報告)
みな - スガさん大好きです!! (9月16日 11時) (レス) id: c7efde0d03 (このIDを非表示/違反報告)
渚@俺ナーさん(プロフ) - 好きです…。こういうお話好きです。更新頑張ってくださいね! (9月16日 2時) (レス) id: fb112923a5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ノン | 作成日時:2019年9月15日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。