占いツクール
検索窓
今日:180 hit、昨日:231 hit、合計:59,066 hit

ボクの同室 ページ5

ど、どうしよう
怖過ぎて声が出ない…

ジャック「おい、聞いてんのか」

あ、振り向けない
体動かないし

ジャック「無視とはいい度胸してんじゃねぇか?」

わわわっ!怒ってる…!怒ってるよ…!!

『……ぃ』

ジャック「あぁ?声小さ過ぎてなんて言ってるか分からねぇよ」

『ご、ごめんなさいぃ!!』


ボクは全力で土下座をしてみせた

ボク、謝るのが癖で頭下げたり土下座だったりよくしててそのたんびにお父様達からもっと威厳を保てと言われたけど

やっぱむり!


ジャック「…………は?」

『ごめんなさい、ごめんなさい!
お部屋の事は全て決めてくれて構わないので医務室送りだけはどうか許してくださいっ!!』

許されないかな…
でもあとできることって何?何も無いよね!
どうしようぅ、これでも駄目って言われちゃったらぁ…!


ジャック「お、おい、やめろよ
何も怒っちゃいねぇし医務室送りにもしねぇよ」


へ…?

『ほ、本当…?ですか…?』

そう言うとジャックくんはボクの頭に手を乗せ割れ物を扱うかの様な手付きで撫でまわし始めた


ジャック「当たり前だろ、お前みたいなちっこくてよわっちそうな奴いじめて優位に立とうだなんて思いやしねぇよ」


え、ジャックくんってそういう感じか
実は凄くいい人?あ、ふーん…


なんかそれはそれで申し訳ないよね!ボク勘違いしてたよ?

と、取り敢えず勘違いした事謝らなきゃいけない…よね?

『ジ、ジャックくん…』

ジャック「なんだよ?」

『そ、その、ボク勘違いしちゃってて…
ジャックくんて凄く悪い怖い人だと…勝手に思ってました……ごめん、なさい…』

ボクは深く頭を下げた

するとジャックくんはまた頭に手を乗せ今度はポンッポンッ、と撫でてくれた


ジャック「別に気にしちゃいねぇよ、昔からよくあった事だ、慣れてる
それとお前、そんなすぐ謝るんじゃねえよ
もっと堂々としろよ」

『あ、うぅ…

ご、ごめん…ボク、自分に自信がなくて…』

ジャック「ほら、もう謝ってんじゃねえか」

『あ…』

ジャック「ったく、夕焼けの草原の第三王子様だって言うからどんな野郎だと思ってたら…

おい、明日からトレーニングを始めるぞ!」

『え?』

何をそんな唐突に?

ジャックくんが言うにはもっと体を鍛えて強くなれば自信が付く!との事だ

『よ、よろしくお願いします…』

ジャック「おう!」

そう言ってしまったが…
ボク運動って苦手なんだよな…
どうしよ…

ボクの朝→←ボクの部屋



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (166 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
757人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鮭ざんまい(プロフ) - リンゴさん» ありがとうございます!すごく嬉しいです、頑張ります! (1月14日 5時) (レス) id: ede7e88c8f (このIDを非表示/違反報告)
リンゴ(プロフ) - 凄く面白いです。更新楽しみにしています! (1月13日 20時) (レス) id: b22ec59ea2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鮭ざんまい | 作成日時:2021年1月13日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。