占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:164 hit、合計:89,066 hit

81 ページ32

流星は家に上がると私に甘えるようにずっと後ろから私を抱きしめていて



私は何も抵抗することなく腕に収まる



私の部屋でただ大人しくしてる




流星が静かだと思えば


寝息が聞こえてきて



私を抱きしめたまま眠っていて


仕方なく私のベッドに寝かせる



離れようとすれば腕を掴まれて


寝てるはずなのに私が離れることを嫌がってるみたい



仕方なく私もベッドに横になると

ぎゅっと抱きしめられる




綺麗な顔が目の前にあって



こいつがモテる理由はなんとなくわかる





でもこんな見た目でも

私には周りの女の子がよくキャーキャーと言ってまとわりつく理由がわからない



めんどくさいし

結構しつこいし



『もう、なんで私なんや…』





流星の頬を撫でればすり寄ってきた





『ばーか』




お前のせいでベッド狭いわ




そう思いながら私も目を閉じた












流「…あれ…寝てしまった…」




流「……このアホ女…その気ないならベッドに寝かせんなよ」



『スゥ……スゥ……んん』




流「好きや、バカ」



『スゥ……スゥ』




流「(チュッ)」



『ん?…ん〜っ』





目を覚ますと流星が起きていて



私を抱きしめてる





私もゆっくりと目を動かして流星を見ると



流星は嬉しそうに笑った





『あ、昨日…流星寝たから…そのまま寝かせた』



流「ん、サンキュ…泊まってしまったわ」





『夏休みやし、ええんちゃう?』




流「…せやな」



『まだ眠いから寝る』



流「ええの?彼氏おるくせに俺に抱きついて眠って」




『そんなん、昼寝の時も抱きついてるし』



流「なんやその開き直りは……足軽やな」


『うるさい』



流「俺は嬉しいけどな?」




『あっそ…良かったね』





テキトーに答えて


流星の胸でもう一眠りについた






流「この生殺し感…」






『スゥ……スゥ』







82→←80



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (96 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
515人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , ツイン , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

atu66mi67yu129(プロフ) - 楽しく拝見してます。流星と上手くいくこと願いながら、更新楽しみにしてます。これからも頑張ってください。応援してます。 (7月2日 21時) (レス) id: c65eb063a4 (このIDを非表示/違反報告)
Miwest0423(プロフ) - ごめんなさい!スクロールの時に間違えて低評価ボタンに触れてしまいました!いつもホントに楽しく読んでますので誤解されない様宜しくお願い致します┏○ペコッ (6月29日 8時) (レス) id: befcdd2215 (このIDを非表示/違反報告)
komari(プロフ) - やっと念願の神ちゃんが出てきてとっても嬉しいです。これからも楽しみにしています! (6月27日 9時) (レス) id: 762f7c8dfc (このIDを非表示/違反報告)
ごっくん - 霤跳鈎弔房茲蟾腓い気譴襪覆鵑董◆◆◆これからも更新頑張ってください!応援してます! (6月15日 14時) (レス) id: 4c17fd768c (このIDを非表示/違反報告)
おおぽよ(プロフ) - ほんとに好きです、!いつもキュンキュンしながら読んでます、これからも頑張ってください! (6月12日 21時) (レス) id: e1bcb958b3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:AB | 作成日時:2019年6月12日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。