占いツクール
検索窓
今日:21 hit、昨日:32 hit、合計:14,391 hit
.





その言葉に 持っていたお気に入りのシャーペンが脱力した手から離れ、机の上にコトリと落ちた。


光を含んで黄金色になった瞳が気怠そうにこちらを捉えている。その瞳の持ち主はゆっくりと息をついて薄い唇を動かした。






「___なに?居たらだめなの?」






*****



作者のつぎはぎウルフです。

今回は前々からずっと書きたかった初のツッキーメインの短編小説となってます。

とても短いお話なので是非読んでみて下さい(´-ω-`*)執筆状態:完結









おもしろ度の評価
  • Currently 9.91/10

点数: 9.9/10 (89 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
19人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 月島蛍
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:つぎはぎウルフ | 作成日時:2018年3月5日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。