占いツクール
検索窓
今日:121 hit、昨日:1,256 hit、合計:88,436 hit

story:56 ページ10

.


ミネ打ちではダメか、と焦る渚に そこまで、と声が掛かる。

「勝負ありですよね。烏間先生」


そう言って殺せんせーはナイフをムシャムシャと食べた。


「やったじゃんか渚!」

「ホットしたよ、もー!」


渚の功績を称え、笑顔でじゃれ合う私達に、ドス黒い気配が近づいてきた。


「このガキ…父親も同然の俺に刃向かって まぐれの勝ちがそんなに嬉しいか。もう1回だ!今度は絶対油断しねぇ。心も体も全部残らずへし折ってやる」


「は?男に二言はねぇつったじゃん」

「クソガキは黙ってろ!」


少し口を挟むと、怒鳴られた。こっわ。
絶対私悪くないよな、今の。


「…確かに、次やったら絶対に僕が負けます。…でもはっきりしたのは鷹岡先生。僕らの"担任"は殺せんせーで、僕らの"教官"は烏間先生です。」


"出て行ってください"

渚ははっきりと、鷹岡を拒んだ。
感情のまま暴力に解決する奴は、また手を出そうとしたが、また烏間先生に止められた。物凄い力の差を見せつけられながら。


「俺の身内が…迷惑かけてすまなかった。」

烏間先生は1人で私達の教官を務められるよう上と交渉すると言ってくれた。鷹岡がさせるか、と言ったが…突然の理事長の登場がそうはさせなかった。

解雇通知を口に入れられたのだ。
鷹岡はズタズタにされたプライドをもってこの場から去って行った。


「ところで烏間先生さ」


喜びも束の間、莉桜が烏間先生に声を掛けた。


「生徒の努力で体育教師に返り咲けたし…なんか臨時報酬あってもいいんじゃない?」

「そーそー。鷹岡先生そーいうのだけは充実してたよねー」

「…フン。甘い物など俺は知らん。財布は出すから食いたい物を街で言え」


莉桜の言葉に陽菜乃が乗ると、烏間先生は奢ることに了承した。


やったー、と全員が喜ぶ。カルマ君にも伝えようと思ったが、彼は既に制服のまま輪の中にいた。


.

story:57→←story:55



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (118 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
414人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室 , 赤羽業 , トリップ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

桜桃(プロフ) - 紗奈さん» なんと一気読み!!長いのにありがとうございます!そんなふうに言っていただけて幸せです〜!更新遅いですが、これからもよろしくお願いします! (5月23日 18時) (レス) id: 225ebd0e98 (このIDを非表示/違反報告)
紗奈 - 一気読みさせてもらいました!とても読み進めていくことが楽しくてカルマくんと夢主の距離が徐々に縮まっていく様子もとても好きです!更新楽しみにしています!! (5月23日 10時) (レス) id: 1a4bad23fa (このIDを非表示/違反報告)
桜桃(プロフ) - トモナさん» ええ、そんな嬉しいお言葉…!!ありがとうございます!風邪引かないようにしてくださいね!!(?) (5月5日 20時) (レス) id: 225ebd0e98 (このIDを非表示/違反報告)
トモナ(プロフ) - この小説 設定とか大好物すぎて尊さを感じながら読まさせていただいてます!好きです!!!(直球)今後の展開も楽しみに全裸待機させていただきます (4月8日 9時) (レス) id: 0af9634ca6 (このIDを非表示/違反報告)
桜桃(プロフ) - サクラさん» 渡辺さんは前世を思い出す前の夢主ちゃんなんです!同化したというよりは渡辺さんが前世を思い出したっていう感じです!思い出す前は冷静沈着でしたが、今はヲタク精神が勝って暗殺教室の世界を前世以上に楽しんでいる感じです。分かりずらくてすみません(--;) (4月7日 16時) (レス) id: 225ebd0e98 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜桃 | 作成日時:2019年2月3日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。