占いツクール
検索窓
今日:172 hit、昨日:394 hit、合計:91,100 hit

story:88 ページ42

.


「はぁー…疲れたねぇ」

「でも、楽しかった!」

「ね〜。ん?あの人、なんかこっち見てない?」



沖縄から帰り、空港に着くと予想外の人物が待っていた。陽菜乃が視線で"あの人"を告げる。



「…お兄様…」


待っていた人物は、兄だったのだ。
珍しい、というかなんで?困惑する私に、兄は頭を下げた。


「ごめん。今まで沢山傷付けた。周りからの異常な期待と勉強の八つ当たりで酷いことを言ったし、許されないことをした。」


呆然とする私に、兄はさらに謝罪を述べる。
そして、


「どうか、家に帰ってきてほしい」


無神経にも、そう言った。
彼女が今まで、何を思っていたか知らないで、彼はそう言ったのだ。記憶を辿っても、日記を読んでも、家族に対する期待などとうの昔に消えていた。
衰弱した心が、あの家に居たくないと泣き叫んでいたのを覚えている。


「…家には帰りません」


「母さんだって、お前を心配してる」


「そう言われて、簡単に信じれると思いますか?」


私の言葉に、何も言えなくなった兄。彼も分かっているのだ。私がそこまで馬鹿ではないことを。


「…もし、本当に私を心配していて、もう二度とあんなことをしないと誓うなら、迎えに来てください」


私は部屋に幼少期の写真を飾っていた兄を少し信じてみようと思う。あの写真を見つけた時、少しは期待したからだ。


「分かった。必ず迎えに行くから、待っててくれ」


「…期待してますよ、お兄ちゃん」



どうか、報われないこの子をハッピーエンドで終わらせてあげてほしい。渡辺Aを救済することも、私がこの世界に来た理由だと思うから。



兄を帰らせると、辺りには私とビッチ先生しかいなかった。ビッチ先生が気を利かせて帰らせてくれたらしい。どこまで聞かれたかは分からないが、その気遣いが嬉しかった。


「帰るわよ」


「うん」



彼女は、何も聞かずに私の手を引いて帰路についた。 目の前に建つそれは彼女とは真反対に地味だった。失礼かもしれないが、それが第一印象だった。



「タコ暗殺のためだけに住むのに豪華な家なんていらないわよ」


私の様子を見て、ビッチ先生はそう言った。
ターゲットと「遊ぶ」にも、部屋ではなく必ずホテルだったそうだ。今はたった一人の堅物をオトすためだけに女を磨いてるみたいだけどね



「…さて。洗いざらい吐いてもらうわよ」




彼女の美しい白群の瞳が鋭く光った。

.

story:89→←story:87



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (118 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
416人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室 , 赤羽業 , トリップ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

桜桃(プロフ) - 紗奈さん» なんと一気読み!!長いのにありがとうございます!そんなふうに言っていただけて幸せです〜!更新遅いですが、これからもよろしくお願いします! (5月23日 18時) (レス) id: 225ebd0e98 (このIDを非表示/違反報告)
紗奈 - 一気読みさせてもらいました!とても読み進めていくことが楽しくてカルマくんと夢主の距離が徐々に縮まっていく様子もとても好きです!更新楽しみにしています!! (5月23日 10時) (レス) id: 1a4bad23fa (このIDを非表示/違反報告)
桜桃(プロフ) - トモナさん» ええ、そんな嬉しいお言葉…!!ありがとうございます!風邪引かないようにしてくださいね!!(?) (5月5日 20時) (レス) id: 225ebd0e98 (このIDを非表示/違反報告)
トモナ(プロフ) - この小説 設定とか大好物すぎて尊さを感じながら読まさせていただいてます!好きです!!!(直球)今後の展開も楽しみに全裸待機させていただきます (4月8日 9時) (レス) id: 0af9634ca6 (このIDを非表示/違反報告)
桜桃(プロフ) - サクラさん» 渡辺さんは前世を思い出す前の夢主ちゃんなんです!同化したというよりは渡辺さんが前世を思い出したっていう感じです!思い出す前は冷静沈着でしたが、今はヲタク精神が勝って暗殺教室の世界を前世以上に楽しんでいる感じです。分かりずらくてすみません(--;) (4月7日 16時) (レス) id: 225ebd0e98 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜桃 | 作成日時:2019年2月3日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。