占いツクール
検索窓
今日:39 hit、昨日:85 hit、合計:5,751 hit

リスナーになって8日 ページ9

唐突の96猫side


ピコンッとスマホがなる。

96「ん?わしなんか呟いたっけ??」

スイっとロックを解除して通知を見ると……


96「ふぁっ!?!AちゃんLIVEしてる!?あわわわわ!!!!行かなきゃ!!!」

別垢にログインしてLIVEに行く

『Aです!』

96「ひゅー!あっぶな!!始まったばかりっぽい……よかったぁ……」

手慣れた手つきでコメントを打っていく

>有名人になったね〜

『有名人になったね〜せやな〜意味がわからん( 'ω')』

コメントが多くても見てくれてる。

うへへ嬉しい

それにしても……

96「さかたんめ……有名にさせやがって……」

有名になることはいい事。実際ヘッドホンから聞こえてくる声はウキウキしてるし

でも、もし過激派からのアンチが来たら?

事態はいい方向に持っていけてるのはAちゃんが運が良かったからとも言えるだろう。

じゃあなんでわしがここまで怒っているのか


96「最初にフォローしてずっとファンですって最初に言いたかったぁぁぁぁ!!(´;ω;`)」

ふざけんなあのアホめ!!!

あほの坂田!!!!←


そんなこと考えてる間にも既に完成形に近ずいてる

96「ほへぇー手先器用やなぁ」

なんて思ってると聞き捨てならないことが

『そそ96猫さん推してるよ〜少4から。惜しい。最推し96猫さんと坂田さんだから』

96「……へ?」

いやわしを推してくれてることは知ってた。うん。ツイートとかリプとかいっぱいしてくれとるし……

へ??最推し???へ????今Aちゃんが17歳で少4から……7年前から???

96「どえぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!?!?!」


『何歌うの?』

96「あわわわわ!!!!コメントしなきゃ!!!」

でもいつもみたいに冷静に文が打てなくて

>はい!!オレンジ聞きたい!!オレンジ!!!あ、嘘の火花!!!!嘘の火花でお願いします!!!!!ねぇ!!!!!!
>待ってガチ勢いる
>強いぞ

なんてめちゃくちゃに打ってしまった。

でもわしの歌を歌って欲しくて

『えっえっま??私に推しの歌を歌えと??鬼かな?分かった。全力で歌うけど炎上させないでね』

>いよっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!
>よかったね!!(知らんけど)
>おめでとう!!!(知らんけど)

ほんまにこれは泣けるで!?

『んではではかけるよ〜』

〜♪

「……一番大切なものを一番大切にしたい。♪」

そしてわしは96猫垢の方でゆすちゃんをフォローしたのだった

リスナーになって9日→←リスナーになって7日



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
89人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 96猫 , あほの坂田
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:アイスもち x他1人 | 作者ホームページ:なにそれー?←  
作成日時:2019年4月20日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。