占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:135 hit、合計:276,105 hit

6. ページ6

.



「けど、いつ空くか分からんからなぁ」



信ちゃんはファイルを閉じてため息をついた。



「もう少しすれば卒業や転勤のシーズンで
いくらか部屋が空くとは思うけど
Aは今すぐ引越したいやろ?」



必要最低限の物しか持って来なかったから
今の私には部屋はもちろん家具も家電も
布団すらないわけで。



「信ちゃん、オレそろそろ帰ってもええ?」



たつ、と呼ばれた男が
ガバッと起き上がってマンガをテーブルの上に置くと



「……あ、たつ!」



信ちゃんは何かいい事を思いついたような顔で
その男の腕を掴んだ。



「ちょ、待って。信ちゃんそれはあかんで」

「まだ何も言うてへんがな」

「信ちゃんが思いついたことくらい分かるって」

「あかん事ないやろ、余ってるやんか」

「あかんて。絶対無理」



何かを頼む信ちゃんと
頑として拒む男の攻防が数分続いて



「……たつ。ほんなら就職の話はナシ、な?」

「信ちゃんっ!それはあかん!」



勝ち目がないように見えた信ちゃんが
何やら就職の話を持ち出したところで
形勢逆転したっぽい。



「ほんなら交渉成立や」

「嘘やろ……」



がっくりと肩を落とす男とは対照的に
私に向かってガッツポーズを決めた信ちゃんは



「Aの部屋、決めたからな」

「どこに?」

「たつの住んどる家、ひと部屋空いとるからそこや」



……はい?
初対面で失礼極まりないこの男と私が?



「信ちゃんっ!!」



今度は私の叫び声が村上不動産に響き渡った。

7.→←5.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (481 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1425人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あきら(プロフ) - koccoさん» ありがとうございます(*^^*) いつも更新が遅いので今回こそ!お待たせしないように書きますね。続きも楽しんでもらえますように♪ (2018年2月17日 23時) (レス) id: e9c7617437 (このIDを非表示/違反報告)
kocco(プロフ) - どの作品もいつも楽しく読ませていただいてます!あきらさんの作品はストーリーの初めから引き込まれて引き込まれて…!続きが楽しみで更新が待ちきれないです!無理のない程度に頑張ってください!応援してます(*^^*) (2018年2月16日 23時) (レス) id: 58879751b5 (このIDを非表示/違反報告)
あきら(プロフ) - @りこ@さん» こんにちは(*^^*) 何を考えてるのか分からない男ですがチャラくてかっこいいのは間違いないです(笑)この後の展開も楽しんでもらえるように頑張りますね! (2018年2月16日 21時) (レス) id: e9c7617437 (このIDを非表示/違反報告)
@りこ@(プロフ) - いつも楽しませてもらってます☆これはまた( *´艸`)うふふ…あの追っ払い方最高です☆チャラいけどかっこいいーーー(≧◇≦)これから楽しみです。 (2018年2月15日 21時) (レス) id: ab3496b852 (このIDを非表示/違反報告)
あきら(プロフ) - ひみささん» そうなんですよ!まだ出会いから1日しか経ってません(笑)こんなペースだと恋に発展するまでどれだけかかることやら(^^;; 更新、頑張りますね! (2018年2月15日 19時) (レス) id: e9c7617437 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あきら | 作成日時:2018年2月4日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。