占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:305 hit

1話 ページ5

大倶利伽羅side

あの日、近侍だった俺と大好き"だった"主は久々に鍛刀をした。

なんでも、限定鍛刀らしく主は珍しく張り切っていたのを今でも覚えている。

主が鍛治職人に資材と依頼札をわたして、出来上がるまでの時間が表示される、たいまーとやらを見てみると、

そこには12:20と出ていた。

俺が主を見た時には、もうすでに主は顔を涙でぐちゃぐちゃにしていて、震えながら手伝い札を使っていた。

はっきりいって、あの時の主のあの顔は汚かった。




すると突然、目も開けていられないほどの強い光が俺と主を襲った。

そして、光とともに大量の花びらのようなものが降ってきた。

光がやんで、光源を見てみると…



『私の名前は、摩季藤四郎!粟田口吉光の打った脇差なんだよ!ずお兄とばみ兄は、もう来てるのかな!?』

続く お気に入り登録で更新をチェックしよう!

最終更新日から一ヶ月以上経過しています
作品の状態報告にご協力下さい
更新停止している| 完結している



←〃



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 刀剣女士 , ブラック本丸   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:審神者(元旦就任) | 作成日時:2018年1月14日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。