占いツクール
検索窓
今日:261 hit、昨日:205 hit、合計:272,720 hit

3 ページ3

.








「え?もっかい言って」



目の前の深澤さんは目を丸くして驚いている。


仕事帰り、場所は結局よく行く居酒屋にした。


落ち着く場所がいいと思ったからだ。



「だから、前向きに考えさせてもらいます。
深澤さんとのこと。」


「それはOKってことでいいの?」


「はい。
ただ…まだ深澤さんのこと好きかわからないんです。」


「それでもいいよ。
俺のとこ来てくれるなら。
大切にするから。」



そう言って微笑んだ深澤さん。


いとも簡単に調子が崩されていく。


あの日の苦しそうな顔がフラッシュバックした。


もうあんな顔させたくないって思ったのに。


いつもみたいにふざけてみせてほしいのに。


こんなにドキドキしてらしくない。


全部お酒のせいにしたらいいかな。


まだ慣れない。









居酒屋を出るといつものようにタクシーを捕まえた。


ネオンの中を駆け抜けていく。


いつもよりも長く感じる車内、口数は少なくて窓の外を眺めた。



これでいいんだ。


"女は愛される方が幸せ"


仕事以外の深澤さんのこと、ゆっくり知っていけばいい。



「ありがとうございました」



タクシーがマンションの前に到着したので降りようとした時、深澤さんが私の手を掴んだ。


動きを止めて振り返ると深澤さんは真剣な顔をしている。



「あのさ…ほんとにいいんだよね?」


「…はい」


「あとから違うって言われても、俺離せなくなっちゃうけど…」


「そんなに信用ならないですか?」


「いや、そういうわけじゃないんだ。
ただまだ現実味がなくて…」


「実は私もです。」


「まぁ、そうだよな。
でもありがとう、引き止めてごめん。
もう遅いから早く家入りな?」


「はい。
おやすみなさい。」



ドアを閉め、深澤さんの乗ったタクシーを見送る。


小さく手を振る深澤さんはすぐに見えなくなって、それでも私は手を振り続けた。

4→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (376 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2550人がお気に入り
設定キーワード:深澤辰哉渡辺翔太目黒蓮 , SnowMan , 恋愛   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神八爽蘭(プロフ) - namanaさん» コメントありがとうございます。とても嬉しいです(⌒▽⌒)ドキドキしていただけたようでほっとしてます!実は私もふっかが推しです!!ふっか編も頑張って書きますのでたのしまにしていただけると嬉しいです! (12月11日 22時) (レス) id: 7548cab30a (このIDを非表示/違反報告)
namana(プロフ) - 初めてコメントします(^^)もうドキドキしながら毎日更新待ってました!笑 私はふっか推しだったので、次のふっか編も楽しみにしてますね( ´ ▽ ` ) (12月11日 21時) (レス) id: b11e04c615 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神八爽蘭 | 作成日時:2020年11月30日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。