占いツクール
検索窓
今日:545 hit、昨日:1,981 hit、合計:627,380 hit

24 ページ24

.





「あ…」



誰もいない廊下を歩いていると翔太が前から歩いてきた。


気まずいなぁ。


あいにくこの廊下には横道がなく、入る部屋もない。


翔太も私に気づいて分かりやすく一瞬立ち止まったが、そのまま真っ直ぐ歩いてくる。


あれからもちろん返事もないまま、仕事でのやり取りを淡々とするだけ。


このままじゃいけないのはわかってる。


だけど翔太から歩み寄ってこないなら何も始まらない。








どんどん近づく距離に比例して私の心臓も大きく鼓動を打つ。


あともう少しですれ違う。


どうしよう、何か言わなきゃ…


そう思っても言葉が出てこない。









その時だった。


翔太が私の腕を掴んだ。


そのせいで私は大きく反動して立ち止まる。


振り返るとあの時と同じ、少し怒ったような翔太の顔があった。



「な、何?」


「何って…その…悪かった。」


「…」


「この前は言いすぎた。」


「ふっ」



翔太があまりにも悲しそうな顔をするからなんだかおかしくなって思わず吹き出した。


そんな顔初めて見たよ。



「なんだよ、人が真剣に謝ってんのに」


「ごめんごめん。
なんかおかしくなっちゃって…」


「あー謝って損した。」


「そんな事言わないでよ。
ごめんってば」



笑いながら翔太の腕を軽く叩いた。


一瞬翔太も笑いかけたのにすぐに真剣な顔に戻って



「お前、そういうの気をつけろよ」



って言う。



そういうのってどういうこと?


はてなマークが飛ぶ。



「まぁわかんねぇならいいけど」


ってぼそっと翔太が呟いた。


「とりあえずあとで打ち合わせするからミーティングルーム来いよ」


そう言って翔太は私の来た方へ歩いていった。

25→←23



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (603 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2839人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 恋愛 , 深澤辰哉渡辺翔太目黒蓮   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神八爽蘭(プロフ) - りんごさん» りんごさまコメントありがとうございます。喜んでもらえて嬉しいです!誰オチの作品でも楽しんでいただけるよう頑張って考えますので楽しみにしていてくださいね! (11月30日 17時) (レス) id: 7548cab30a (このIDを非表示/違反報告)
りんご(プロフ) - え?!全員分のオチを考えていただけるなんて嬉しすぎます…!ありがとうございます!!更新楽しみにしています! (11月29日 22時) (レス) id: 1af05a18e5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神八爽蘭 | 作成日時:2020年11月16日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。