占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:23 hit、合計:2,939 hit

41話 ページ2



斎「あんたそれどういうことよ!!」

何故か斎藤さんに怒鳴られ私はえー……といいながら話始める。


朝「だって斉藤さん私のこと嫌いでしょ。そんな嫌われている人と仲良くしたいとは思わないんで」


斉「そ、それは別に私あんたのこと嫌いではないこともなかったりするし………」


朝「は、ごめん全然聞こえないからもう一回いって」


斉「な!あんたいい加減に……」


片「ハイハイ、ストーップ」


ヒートアップする言い争い(斉藤さんのみ)に委員長が間に入ってくる。


片「ほら、一旦食べよ!花巻さんたちも一緒にどうぞー!」


花「お、おう」


委員長はそういって私たちを引っ張ってさっき食べていたところにつれていく。


……ホントはコミュ障だから他人と一緒に食べるのなんて嫌だが、普通に言える雰囲気じゃないてゆうか普通にめんどくさかったんで諦めた。






及「はい、じゃあ自己紹介ね!まずみんな知ってると思うけど及川さんだよ!よろしくね!」


岩「うぜぇ及川。俺は岩泉だ」


花「俺は花巻。よろしくなー」


松「俺は松川ね」


金「金田一だ!よろしくな!!」

斉「斎藤です!よろしくお願いします!」


朝「……朝比奈です」


全く接点のない私(彼らは男子バレー部で有名らしく斉藤さんは彼らのことを知っていたらしい)のために急遽自己紹介が行われた。


それよりめちゃくちゃニコニコしている斉藤さんが怖い。そんなにイケメンが好きなのか?




及「それより及川さんを知らない女の子がいたとはねぇ……ビックリだよ!!」


岩「うるせぇクソ川黙れうぜぇ」


及「もう、岩ちゃん最近ボキャブラリーがひどい……ちょ、痛い!耳引っ張らないで!!」


ふむ。



二人を見ながら少し思案を巡らしたあとに、私は隣で笑っている委員長に話しかけた。

42話→←設定!!!!



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
49人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 魔法少女 , HQ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ももの助(プロフ) - 霧雨さん» ありがとうございます!!頑張ります! (7月15日 7時) (レス) id: d77ec042d8 (このIDを非表示/違反報告)
霧雨(プロフ) - 続編おめでとうございます!前作から見てました!(前作もコメントしたかな…?)続きが見れてとても嬉しいです!これからも更新頑張ってください! (7月15日 1時) (レス) id: 97c89ec570 (このIDを非表示/違反報告)
ももの助(プロフ) - 月華さん» ありがとうございます!嬉しいです! (7月12日 21時) (レス) id: d77ec042d8 (このIDを非表示/違反報告)
月華 - ももの助さん» 了解です!いつでも見てますので更新頑張ってくださいね。応援してます (7月12日 21時) (レス) id: 796c431fbb (このIDを非表示/違反報告)
ももの助(プロフ) - 月華さん» 毎回更新ごとにコメントありがとうございます!見てくれてる!とわかってとても嬉しいのですが毎回コメントは大変だと思いますしこれからはコメントしていただかなくても大丈夫ですよ。 (7月12日 20時) (レス) id: d77ec042d8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ももの助 | 作成日時:2019年6月24日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。