占いツクール
検索窓
今日:24 hit、昨日:339 hit、合計:232,944 hit

解かれていく謎 ページ39

「ねえ…聞いても良いかしら」



もう我慢しきれなくなり、私から切り出した



「何ですか?」
「今日は何か特別な日なの?」
「いえ?特にこれといって」
「じゃぁ今日はどうしたの?いつものキミと違うじゃない」
「あー…んー…何から話したら良いかな…」



隣を歩くチャンミンは少し考えて‘笑わないでくださいね’と前置きをして話し始めた



「俺、凄く当たり前の事を忘れてたんです。
それをこの間、タナカくんとカネコくんが思い出させてくれました。」



あの部下の名前、まだ覚えてたの?



「Aさんの周りには俺以外の男がいっぱいいるんだって。
それを思い出したらなんか急に焦って、他の男より一歩も二歩も先をいくにはどうしたら良いか…韓国にいる間そればっかり考えてたんです」



そんな事を考えてたのね



「Aさんの周りにはいないような男…全く想像できないし、サンプルはタナカくんとカネコくんしかいない…
だったらあの2人には出来ない様な事をしようって
だから高級な車を用意して、高級なレストランを予約したんです」



黙って聞いていたけど、この発言にはカチンときた



「いくらなんでもそれは田中くんと金子くんに失礼よ。
そんな事で勝手にあの2人と張り合わないで。
キミは大人気の芸能人、かたやあの2人はただの会社員、しかもまだ2年目。
考えれば分かるでしょ」
「考えたけどやっぱり俺はAさんに笑いかけてもらえるあの2人が気に入らないんです」



あの笑顔は偽りだって教えたのに

キミは意外と嫉妬深いのね




「この格好だってあの2人に張り合ったんですから」




そのスーツ姿が?




「俺もあの2人の様にスーツでAさんの隣を歩きたいと思ったんです」
「それでそのスーツ?
あの2人が着ていたのはリクルートスーツよ?
キミのは違うでしょう」




キミが着ているのはブランド物のお洒落なスーツ

仕事で着るようなスーツじゃない




「買いに行く時間がなくて…
一応、俺が持ってるスーツで彼らに一番近いのを選んだんですけど」
「全く違うわよ。今日のキミは王子様みたいに格好良いもの」
「そうですか…」



あれ?

思っていた反応と違う


格好良いって言ったのに、あからさまにガッカリした様子のチャンミン

この間のように花が咲いたような顔は見せてくれないの?




「俺は王子様になりなかったんじゃない…サラリーマンになりたかったんです」




は?


サラリー…マン?

謎は全て解けた→←謎ばかり



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (359 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
809人がお気に入り
設定キーワード:チャンミン , 東方神起 , 妄想
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

純蓮(プロフ) - wakaさん» wakaさん、コメントありがとうございます!ご期待に添えられてるでしょうか(。>A<。)今後も宜しくお願いします! (3月4日 19時) (レス) id: c6171d5fef (このIDを非表示/違反報告)
純蓮(プロフ) - りんさん» りんさん、コメントありがとうございます!やっとここまで来ましたよ(;^_^A 今後も宜しくお願いします! (3月4日 19時) (レス) id: c6171d5fef (このIDを非表示/違反報告)
りん(プロフ) - ヌナは、ワガママねウフフ(〃ω〃) (3月4日 18時) (レス) id: 81ec167096 (このIDを非表示/違反報告)
りん(プロフ) - わーい30過ぎて色々あってもやっぱり好き!ヒロインちゃんは、よく、考えるね、うん(OvO)考えたら、考えただけ、チャンミンが好きになるよ!キットね(〃ω〃) (3月4日 18時) (レス) id: 81ec167096 (このIDを非表示/違反報告)
waka(プロフ) - なかなかいい感じにフフフフ今後に期待! (2月25日 1時) (レス) id: 192bfaab8b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:純蓮 | 作成日時:2018年2月10日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。