占いツクール
検索窓
今日:248 hit、昨日:805 hit、合計:232,046 hit

*思いがけない展開 ページ9

.







平野「いっただっきまーす!」


目の前で大口を開けてご飯を頬張るのは、超人気アイドルの平野くん。

なぜか彼に誘われたわたしは、明日から配信コンサートを控えている彼と共に個室の居酒屋に来ていた。





平野「シノちゃん、食べてる?」


『うん。美味しいよ。平野くん良いお店知ってるんだね〜』


平野「へへっ(笑)先輩に教えてもらったんですけどね!」


『あれっ、そうなの?』


平野「一回連れて来てもらって、そこから気に入って自分でも通うようになったんです!」


『へえ…確かにすごい美味しいもんね』


平野「シノちゃんの口に合いましたか?」


『うん、もちろん。こんな素敵なお店に連れて来てくれてありがとう。』


平野「ふふーん(笑)」


『何(笑)今日機嫌いいね?』


平野「だってシノちゃんと二人きりでご飯って初めてだもん!」


わたしの方を見ながらニコニコする平野くん。
お酒も飲んでないはずなのに楽しそう…


まあ、ご機嫌なのは良いことだけどさ(笑)



平野「シーノちゃん、」


『ん?』


平野「…シノちゃんのこと、Aちゃんって呼んだらダメ、ですか?」


『え?どうしたの?』


平野「俺だってもう5年目の付き合いなのに、シノちゃんってちょっと遠いなって思って…」


『ん〜…まあ平野くんなら良いか(笑)』


平野「え!!ほんとですか!?」


『今はもうなんて呼ばれても気にしないんだけどさ(笑)平野くんみたいに言ってきてくれる子がいないからみんなからシノって呼ばれてるだけだし(笑)』


平野「あと!あと!名前で呼んでください!」


『…紫耀くん?』


平野「っはい!!」



…めっちゃキラキラした目で返事してきて可愛いなあ。犬みたい(笑)


Aちゃん、Aちゃん、と嬉しそうにわたしの名前を呼んでくる平野くん改め紫耀くんはとっても可愛かった。








.

☆→←*昇華



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (209 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1506人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らる(プロフ) - あやめるさん» コメントありがとうございます。現在下書きを進めていますので、リクエストに答えるのが遅くなってしまうかもしれませんが、こちらにお願いします! (12月17日 21時) (レス) id: b46fc1d595 (このIDを非表示/違反報告)
あやめる - リクエストってここに書いた方が良いですか? (12月17日 19時) (レス) id: a1493b1ce1 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - 移行おめでとです最高ですコロナウイルスに気をつけてくださいね (12月12日 9時) (レス) id: 8204dae0fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らる | 作成日時:2020年12月1日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。