占いツクール
検索窓
今日:358 hit、昨日:463 hit、合計:234,689 hit

*昇華 ページ8

松村サイド






松「シノっ!!」


『え?』


ソロ曲トップバッターを飾ったシノがステージ裏に戻って来るところを待ち構えて、誰よりも先にシノを抱きしめた。

そうしないといなくなってしまいそうで。
あの日の嫌な記憶が呼び起こされそうで。



何回でも抱きしめるから、だからどこにも行くなよ。





松「…すげえ良かった。最高だった」


『ふふ…ありがとうほっくん。』


松「…でも、怖くなった」


『、、え?』


松「シノが消えそうで怖くなった。」


『ほっくん…』


松「これから何回でも抱き締めるから。だから、俺たちと居てくれよ。」


『…うん。そのつもりだよ?わたしはもうどこにも逃げない。』


松「うん、うん、、」


『ありがとうほっくん。』


松「ありがとう。こちらこそ、ありがとうだよ。」


『…ふふ。ほっくん、わたし大丈夫だよ。この曲が、わたしを解放してくれた。』


松「マジでもう見失わねえから。だから安心して。」


『、、もちろん。頼りにしてるよ。みんなのこと。』




俺たちのいるステージは華やかで美しくてキラキラしていて、そんな世界に見えるかもしれない。

だけどこいつが見て来たのはきっともっと汚い世界だ。


だからこそ、今この場で同じステージにたっていることが本当に嬉しいんだ。
できることならこれからずっと隣で歌ってほしい。

そのためにも守らないと。

細い体を抱きしめながら俺たちにとっての光がこれ以上傷つくことのないように祈った。


そして、二度と同じ過ちは繰り返さないと強く心に誓った。






.

*思いがけない展開→←☆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (210 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1504人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らる(プロフ) - あやめるさん» コメントありがとうございます。現在下書きを進めていますので、リクエストに答えるのが遅くなってしまうかもしれませんが、こちらにお願いします! (12月17日 21時) (レス) id: b46fc1d595 (このIDを非表示/違反報告)
あやめる - リクエストってここに書いた方が良いですか? (12月17日 19時) (レス) id: a1493b1ce1 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - 移行おめでとです最高ですコロナウイルスに気をつけてくださいね (12月12日 9時) (レス) id: 8204dae0fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らる | 作成日時:2020年12月1日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。