占いツクール
検索窓
今日:320 hit、昨日:882 hit、合計:234,188 hit

ページ32

.







川島「は〜…マジでごめん。」


『いいよべつに(笑)』


川島「言いたい放題言った挙句に寝るとかなんだよコイツ…」



2時間ほどして松倉くんは酔いが回ったのか机に突っ伏してむにゃむにゃと寝息を立て始めた。

そんな姿を見てのえさんがため息をつきながら松倉さんのほっぺたをむにむにとつまむ。


テンションの上がった松倉さんは凄かった。


"カイトって呼んでいいよ〜!!"

"やっぱりまちゅくって呼んで!"

"シノちゃん好きい〜"

"可愛い!!俺の天使!!"

"結婚しようね〜!"


の繰り返し(笑)



とっても愉快な人だって分かった(笑)




川島「松倉、シノのことほんとに尊敬してたからテンション上がっちゃってたんだと思う。ごめん…」


『え、楽しかったですから謝らないでくださいよ(笑)』


川島「いや…無神経なことばっかり言ってたろ?」


『まあタッキーに恋愛を急かされたのは事実なので(笑)』


川島「…そっか。」


『まあわたしはまだまだお仕事頑張りたいんですけどね(笑)』



わたしがそう言うと、のえさんは少し考え込んだそぶりを見せた後わたしの方へ向き直り、


川島「あのー…ほら、ほんとに相手がいないってなったら、俺がシノ貰うからさ。だから安心して仕事しなよ(笑)」


『あ、言いましたね?(笑)絶対ですよ?(笑)』


川島「シノが結婚するまで俺も結婚できないね(笑)」


『じゃあのえさん、一生結婚出来ないかも(笑)』


川島「だから、そのときはシノと結婚するよ(笑)」


『え〜(笑)絶対のえさんはわたしより先に結婚してますって(笑)』


川島「俺、約束は守るよ?(笑)」




まあ、今は思う存分仕事しな。ってのえさんはわたしの頭を優しく撫でた。








.

*岸辺露伴は動かない→←☆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (210 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1502人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らる(プロフ) - あやめるさん» コメントありがとうございます。現在下書きを進めていますので、リクエストに答えるのが遅くなってしまうかもしれませんが、こちらにお願いします! (12月17日 21時) (レス) id: b46fc1d595 (このIDを非表示/違反報告)
あやめる - リクエストってここに書いた方が良いですか? (12月17日 19時) (レス) id: a1493b1ce1 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - 移行おめでとです最高ですコロナウイルスに気をつけてくださいね (12月12日 9時) (レス) id: 8204dae0fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らる | 作成日時:2020年12月1日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。