占いツクール
検索窓
今日:365 hit、昨日:882 hit、合計:234,233 hit

ページ14

.







わたしとすばるくん…もとい関ジャニ∞さんとの出会いは2007年まで遡る。

当時子役として活動していたわたしは、おじちゃんの思いつきにより関ジャニ∞さんの47都道府県ツアーに男装して参加することになった。


は?って正直思ったけどおじちゃんが"踊ってるA見たいなあ"って言ったからやるしかなくなった。




"キタガワ リン"として埼玉、山梨、静岡公演に出ることになって、短髪のウィッグを被っての前日リハーサル。
同じように出演するJr.たちにはジャニーさんがスカウトした子、として紹介された。

そして関ジャニ∞さんへの挨拶も…。







ジャニー「やあ、」


村上「あれっジャニーさんや」


安田「お久しぶりです〜」


錦戸「どうしたん?急に来て」


ジャニー「ちょっとね、君たちに紹介しておきたい子がいて。リン、入りなさい。」


『…』


ジャニー「この子、リン。君たちのコンサートにJr.と一緒に出てもらうことになったから。」


横山「え、この子Jr.じゃないん?」


ジャニー「違うよ。今口説いてるところなんだ(笑)」


錦戸「おっちゃんやるなあ(笑)まだ所属してない子出すとか(笑)」


『…リンです。宜しくお願いします。』


丸山「めっちゃきれいな顔やね〜、ジャニーズにスカウトされるのも納得やわ」


錦戸「…なんか、どっかで見たことある顔やな」


村上「そうか?こんなキレーな顔の子ぉ忘れへんやろ」


錦戸「ま、それもそうか」


ジャニーズにスカウト、と聞けばみんながわたしを男だと思う。

そんな中、ジャニーさんより先に関ジャニ∞さんの部屋を出たわたしはすばるくんに声を掛けられた。







渋谷「おい。」


『…?』


渋谷「…お前、女やろ」


『え、』


渋谷「俺もどっかで見た顔やと思ったわ、子役の楢篠Aやろ?」


『…!』


渋谷「ふは(笑)正解か。」


『…言わないで、ください。』


渋谷「ジャニーさんはそれ知ってんの?」


『当たり前です。あの人が無理にわたしを出すことを決めたんだから』


渋谷「ふうん…ほんなら別にええか」








渋谷「あ、お前ええ声持ってるから、ほんまにJr.になるんやったら俺が歌の稽古つけたる。やからそん時はまた挨拶来いよ。」








.

☆→←*わたしを見つけてくれた人



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (210 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1502人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らる(プロフ) - あやめるさん» コメントありがとうございます。現在下書きを進めていますので、リクエストに答えるのが遅くなってしまうかもしれませんが、こちらにお願いします! (12月17日 21時) (レス) id: b46fc1d595 (このIDを非表示/違反報告)
あやめる - リクエストってここに書いた方が良いですか? (12月17日 19時) (レス) id: a1493b1ce1 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - 移行おめでとです最高ですコロナウイルスに気をつけてくださいね (12月12日 9時) (レス) id: 8204dae0fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らる | 作成日時:2020年12月1日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。