占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:13,221 hit

四十一話 ページ42

『…っ…負けたぁ!!』


「いよっしゃあああ!!!」


『〜〜もう一回!』



結局勝ったのは互いに5回ずつ。


「結局引き分けかよ…」


『絶対圧勝すると思ってた…』


「なっ…俺だってゲーム強い方だし、お前が異常なんだよ!強過ぎ!」


『才能だね!』


「ドヤ顔すんな!」


私の方が上手かったのに…キヨ君も努力したのかな?


「そういや…夏休み終わったら文化祭の準備始まんのかな」


『え゙…ぶ、文化祭…』


「嫌なのか?」


『いや…、ずっと学校行事参加してなかったから…』


「大丈夫だって!俺が楽しませてやるよ!」


『…ありがとう』


「…よっしゃあ!勝った!」


『え!?ズルい!』




・・・翌日・・・


「文化祭何したい?」


「お化け屋敷」


「メイド喫茶」


「射的」


「売店」


「定番だなぁ…」


相変わらず仕切っている美咲…。

やっぱり皆そういうのやりたいんだ…。


「なぁなぁ!俺いいの思いついたんだけど!」


元気よく手を挙げるキヨ君。


「はいはい言ってごらん」


「…ゲーム!!!」


適当にあしらうつもりだったのだろう。

意外すぎる回答でクラス全員が固まった。


「生徒全員でゲームしようぜ!優勝者には景品って感じでさ!」


そんな大掛かりなこと出来るわけ…。





******

更新遅れて申し訳ないです。

四十二話→←四十話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.7/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
30人がお気に入り
設定キーワード:キヨ , 実況者 , 貧血
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:璃音哀 | 作成日時:2017年3月21日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。