占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:13,540 hit

二十三話 ページ24

「何でも言うこと聞くって言ったな」


『…言ってない』


「はぁ!?言った!」


『うん、言った!』


「何で開き直った!?」


『言ったら何ですか!』


「直接飲んで!」


『…それはずるいでしょう!?』


「何でもって言ったじゃん!」


『あぁもう!わかった!』


結局負けた。


『…飲んでいい?』


「ん!」


自分の思い通りになったことが嬉しかったのかニコニコしている。


そんなキヨ君の笑顔を見て悪い気はしなかった。

キヨ君の首に噛みつく。

前のように血を飲む。

首を噛まれるよりも注射の方が痛いのだろうか。


…そろそろかな…。

キヨ君の血を飲むのを止めた。


「!…自分で止めれたんだ。」


『馬鹿にしてるの…私だって慣れればこれくらい出来_』


「もっと」


『は?』


「もっと飲んで良いぞ」


『いや…体育祭前だし、飲み過ぎるわけには…』


「俺が飲んで欲しいんだけど」


『な、…何で…』


キヨ君は少し考えてから…


「気持ちいいから?」


『何故疑問系…』


「何か飲まれないと逆に気持ちわりぃ。」


『よくわかんない…』


私はまたキヨ君の血を飲んだ。

二十四話→←二十二話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.7/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
30人がお気に入り
設定キーワード:キヨ , 実況者 , 貧血
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:璃音哀 | 作成日時:2017年3月21日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。