占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:14,487 hit

十八話 ページ19

*Aside


「そろそろ帰った方がいいんじゃない?」


美咲がそう言ってきたため帰ることにした。


「『お邪魔しましたー』」


「またなー」


帰り道。


「よかったわね、美味しい血が飲めて」


『うん!…よかった。』


「飲み過ぎちゃ駄目よ?あと、なるべく注射器使いなよ?直接だと量調節できないし、それで私一回死にかけたし。」


『その節は本当に申し訳ない』


私は一度、直接美咲の血を飲んでとても渇いていた所為もあってか飲み過ぎてしまい、病院送りにしてしまった。


「まぁ、たまにでいいから私の血も飲んでね?長期間飲まれないと何か血がいつもより多い気がして気持ち悪いのよね」


『そうなの!?』


私、飲む側だからそんなことなかった。
ただ、凄く渇くけど。


「あ、そういえば…母さん言ってたんだけど、もうすぐ“体育祭”だよ。」


『え、6月じゃないの?』


「練習って知ってるかい?」


『…全員参加?』


「無理ならいいけど折角のイベントよ?」


『…出たいなぁ…』


「言ってくれると思ったわ。てことで…」


はい、と言って渡されたのは十字架のペンダント。


「父さん特製の十字架ペンダント。
アンタ目良いのに眼鏡してると運動するのには邪魔でしょ?って事で新しくつくって貰ったの。」


私の普段掛けている眼鏡は美咲のお父さんが親父なので吸血鬼の性質を抑えるため特別に作ってくれたのだ。


この眼鏡を1日16時間以上掛けていないと喉の渇きが酷くて1日1回飲まないといけなくなる。

新しいこれはペンダントだから…


『一日中付けてられるじゃん!』


「そのためにつくって貰ったのよ…」


『じゃあ、これからは眼鏡外してもいいの!?』


「うん…さっき言わなかった?」


『え、言ってたっけ?』


人の話を聞け、と言って叩かれた。

十九話→←十七話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.7/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
31人がお気に入り
設定キーワード:キヨ , 実況者 , 貧血
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:璃音哀 | 作成日時:2017年3月21日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。