占いツクール
検索窓
今日:75 hit、昨日:38 hit、合計:48,518 hit

甘夏 ページ10

『なっちゃん!もっとふつーに声かけてよ』

堀「ごめん、びっくりさせようと思って(笑)
今帰り?」

『うん、撮影終わりに寛太くんとご飯食べてきたの。なっちゃんも帰り?』

そういうと、なっちゃんは手に持ったショッパーを見せた。

堀「そう、服買った帰り。一緒に帰ろ」


『今度あたしの服選んでよ。アウター買いたいの』

堀「いいけど、まこっちゃんじゃなくていいの?」


『まこまこが選んでくれるの結構女の子らしいのが多いんだけど、仕事でも着られるメンズっぽいのが欲しいんだよね』

堀「そういうことね、後で時間あわせよ」

『うん、ありがと』




何かと仲良いFANTASTICSのなっちゃんこと、堀夏喜。

最初はそこそこ人見知りの自分と、かなり人見知りのなっちゃんは顔見知り程度だったが、樹やまこのおかげで仲良くなった。

今ではファンタの中では1番の仲良しで、ちょいちょい買い物やご飯に行く仲だ。







この交差点をまっすぐいけばランペの寮、左に曲がるとファンタの寮のところに来たので、立ち止まってなっちゃんの方をみた。

『じゃあここで』

堀「えっ、何言ってんの?送ってく」

『でも、もうすぐ着くし』

堀「もうすぐだから送ってくって言ってんでしょ」


そう言って、私の腕を軽くつかんで歩き出したなっちゃん。


『なっちゃん、イケメンだ〜』

堀「でしょ〜」


今日は珍しく甘夏だ〜って思うけど、
それをいったらいつもの塩夏に戻っちゃうから我慢。




堀「そういえば慧人がAに会いたがってたよ」

『ほんと!この前、澤さんにもパスタ食べにおいでって言ってもらったの。今度お邪魔しようかな』

堀「一緒に服買った帰りにでもよれば?」

『そうしよっかな』

堀「ん、夏輝くんたちにも伝えとく」




そんなこんなでランペ寮についた。


『わざわざ送ってくれてありがとね』

堀「いえいえ、とーぜんだから。
じゃまた、おやすみ」

『おやすみ』




私の頭を軽く撫でて去っていったなっちゃんの後ろ姿が見えなくなるまで見送ると、玄関の扉を開けた。

やっぱり→←第二のお兄ちゃん



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
468人がお気に入り
設定キーワード:THERAMPAGE , LDH , 紅一点   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

A(プロフ) - めちゃくちゃこのお話好きです!設定から何まで面白くて読みやすかったです!更新楽しみに待ってます! (2月16日 0時) (レス) id: 373120d77d (このIDを非表示/違反報告)
遡散。(プロフ) - 美紀さん» コメントありがとうございます!嬉しいです。不定期にはなりますが頑張って更新していきたいと思います!RIKUさんと翔吾くんあんまり出てきてないのでこれから登場させられるように頑張ります (12月2日 21時) (レス) id: 98331d88e6 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - ランぺ大好きです最高です北人君とRIKU君と壱馬君と翔吾君と樹君と慎君大好きです最高です更新大変だと思います頑張ってください応援してます頑張ってください応援していますコロナウイルスに気をつけてくださいね (12月2日 20時) (レス) id: 8204dae0fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:遡散。 | 作成日時:2020年11月22日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。