占いツクール
検索窓
今日:34 hit、昨日:98 hit、合計:48,925 hit

ページ5

部屋に戻ると沙織がお風呂に行ったので、ベッドに座りスマホをいじる。


GENEとサポメンのLINEグループに、樹の写真と共に、
Aサポメンのみんなにお土産買いました〜
とおくると、すぐに玲於くんからビデオ通話の着信が。

『もしもし、どうしました?』

玲「いや、修学旅行いいな〜って思って」

『羨ましくなっちゃいました?』

玲「まあね。ってか、サポメンだけにお土産ってずるくない!?」

『GENEさんにもお菓子買っていきますよ』

玲「え〜俺個人には?」

『GENEさん全員に買うと、中学生のちんけなお小遣いはなくなっちゃうんですよ〜』

玲「俺だけに買ってこっそり渡してくれれば良いじゃん」

画面越しに不機嫌そうな玲於くんが可愛い。

『もうじゃあ、玲於くんだけですよ。他の人には内緒ですからね』

玲「やったぁ(笑)」

『じゃあ明日どこで買うか、樹に相談しにいかなきゃ』

玲「樹も行くの?」

『はい、もともとGENEさんへのお菓子いっしょに買いにいく予定だったんで』

玲「ふーん、じゃあ今から樹のとこ行くんだ」

『はい、玲於くんとの電話終わったらいってきます』

玲「じゃあ繋いだまま行ってよ。俺も久しぶりに樹と話したい」


樹のところにいってくると、お風呂から上がってきた沙織に声をかけ、部屋を出た。

樹の部屋に着きノックをすると、樹の友達の田中くんが出てきた。

『樹いる?』

田中「今さっき長島さんに呼ばれてどっか行っちゃった。今ごろ告白でもされてんじゃない(笑)」

『そっか、用事あったんだけど。』

田中「たぶんすぐ戻ってくると思うよ。
帰ってきたら、浜尾が探してたっていっとくな」

『うん、ありがとう』

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
469人がお気に入り
設定キーワード:THERAMPAGE , LDH , 紅一点   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

A(プロフ) - めちゃくちゃこのお話好きです!設定から何まで面白くて読みやすかったです!更新楽しみに待ってます! (2月16日 0時) (レス) id: 373120d77d (このIDを非表示/違反報告)
遡散。(プロフ) - 美紀さん» コメントありがとうございます!嬉しいです。不定期にはなりますが頑張って更新していきたいと思います!RIKUさんと翔吾くんあんまり出てきてないのでこれから登場させられるように頑張ります (12月2日 21時) (レス) id: 98331d88e6 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - ランぺ大好きです最高です北人君とRIKU君と壱馬君と翔吾君と樹君と慎君大好きです最高です更新大変だと思います頑張ってください応援してます頑張ってください応援していますコロナウイルスに気をつけてくださいね (12月2日 20時) (レス) id: 8204dae0fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:遡散。 | 作成日時:2020年11月22日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。