占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:25 hit、合計:12,124 hit

54 ページ6

工藤邸。
昴さんが出てくれて、家の中に入る。


昴「コナン君から話は聞いてます。」


『あの、どうしてあなたが…?』


コナン「昴さんは、事件の謎も解いた事もあってね。色々僕もお世話になってるんだ。だから、Aさんも知ってるし、昴さんも強いから安心かなって。」


『そうだったのね…。』


でも、告白の返事まだ返してないのに一緒にしばらく住むとなると、気まずいな。


コナン「それじゃあ僕は帰るね!」


『え、ちょ、コナン君…。行っちゃったし。』


昴さんと二人で気まずいの知らないの!?←
まぁ、コナン君に行ってないから知らないか。←


『あ、えーっと…。』


昴「すまない、A。俺が気づいてれば。」


『す、昴さん…?』


昴さんに抱き寄せられて、一瞬思考がついていかなかった。


昴「Aを危険な目に合わせたのは、俺のせいだ。」


『あ、あの…。昴さんのせいじゃないです。それに、私の不注意でもありますし。』


昴さんは、「本当にすまない。」と私をまた強く抱き締めた。

昴さん、そんなに思ってたの?


『あの、昴さん。』


昴「はい。」


『昴さんに聞きたい事があるんです。』


昴さんは、私を抱き寄せていたが少し離れた。
昴さんに聞きたい事は山ほどある。

今ここで聞かなきゃ、逃す気がして。


『あの、昴さん。あなたは一体…。何者なんですか?』


昴「私、ですか?」


『コナン君が頼れる人。なのは、理由はそれなりに納得はできます。でも、それ以上の事を昴さんは知っている気がして。』


その理由は、昴さんが赤井さんと何かと被ってしまうから。行動や、仕草。似てる気がする。

ただ、似てるだけかもしれないけど。赤井さんとどうしても被っちゃう。


昴「それに関しては、まだ何も言えません。ですが、ある事に関しては深く関わってるとも言えますね。それはあなたにまだ言えませんが。」


『そう、ですか。』


昴さんへの疑問が、増えていく。
いつかこの疑問が解けることはあるのかな?

55→←53



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
263人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 赤井秀一 , 沖矢昴
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- めちゃめちゃ面白いです!更新頑張ってください!応援してます! (7月26日 10時) (レス) id: 2f62c41e3b (このIDを非表示/違反報告)
Sorimachi(プロフ) - vileさん» わかりました!色々直しておきます。 (7月18日 8時) (レス) id: cd676a233e (このIDを非表示/違反報告)
vile - 辛口評論家みたいな事ばっか言ってきましたが、公式文書などでこういったミスがあると… (〒言〒) となるのは分かりますよね?話は私自身楽しませてもらっています。これからも頑張って下さいね。 (7月17日 23時) (携帯から) (レス) id: 66be3b6d69 (このIDを非表示/違反報告)
vile - 56話- 蘭ちゃんの携帯からは、園子ちゃんとどっちが先に電話するか言い訳。と書かれていますが、この場合、“どっちが先に電話するか言い合っているのが聞こえた。”もしくは、“どっちが先に電話するか携帯を取り合っているのがわかった。”と書くべきでは? (7月17日 22時) (携帯から) (レス) id: 66be3b6d69 (このIDを非表示/違反報告)
vile - 55話- 昴「もう慣れてますから。最初は少してこ釣りましたけど。」と書かれていますが、てこずるの漢字は、手子摺るまたは梃摺ると書きます。“づ”と“ず”意味をよく考えて使い分けをしないと、伝わるものも伝わらなくなりますよ (7月17日 22時) (携帯から) (レス) id: 66be3b6d69 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藍棒 | 作成日時:2018年7月11日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。