占いツクール
検索窓
今日:200 hit、昨日:275 hit、合計:93,449 hit

37 ページ38





その日の夜久々に自分から大貴に電話をかけてみた。




何回コールが鳴ったんだろう、




留守電にはならなくて。話中かな、




そう思って電話を切ろうとしたその時




有岡「・・・はい」




久々に聞こえた彼の声は。




かなり機嫌が悪いようだった。




「もしもし。Aだけど、」




ふっ、と鼻で笑う彼は




有岡「知ってるよ」




と。何をツンとしてるんだろう。




でも、そんなんでつまづいてても話は進まない。




なんで今日電話をかけたのか。




ちゃんと言わなきゃ、、




「あ、あのね。言いにくいんだけど...........」




有岡「ん。なに」




何で大貴に話すんだろう、




喉の奥に言葉が詰まってなかなか出てこない。




「わたし、、、裕翔くんに。








告白、されたんだ。」




返事は返ってこない。




長い沈黙のあとに へぇ、と。




有岡「それが何。俺にどうしてほしいの」




返す言葉が見つからなかった。




そうだよね、確かにそうだよね。




わたしね、もしかしたら両思いなんじゃないのかなって勝手に思ってたんだ




有岡「俺にそれを言ってどうしたいの」




大貴がイライラしてた。




イライラしてる声を聞いたのはこれで2回目だった。




わたし、間違えたんだ。




途端に恥ずかしくなって、




苦しくて喉の奥がぎゅーっと痛くなって涙が出る




わたしは大貴にどうしてほしかったんだろう。




「・・・ごめんっ、なんでもない。忘れて、」




それだけを伝えて返事を待たずに電話を切った。









38→←36



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (200 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
960人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 有岡大貴 , 中島裕翔
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

naa(プロフ) - azuki_greenteaさん» ツイッターで配布しました昨日(^^) (7月14日 11時) (レス) id: b889ac99cd (このIDを非表示/違反報告)
naa(プロフ) - sari56622さん» ツイッターに書いています(^^) (7月14日 11時) (レス) id: b889ac99cd (このIDを非表示/違反報告)
azuki_greentea(プロフ) - 条件反射のパスワードが知りたいです! (7月14日 10時) (レス) id: 068560eb90 (このIDを非表示/違反報告)
sari56622(プロフ) - 条件反射のパスワード知りたいのですが、、 (7月7日 13時) (レス) id: 1cd407e525 (このIDを非表示/違反報告)
A氏のよめ。(プロフ) - 更新だが!!起きててよかった(泣) (6月23日 0時) (レス) id: e05751f272 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:naa | 作成日時:2019年6月7日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。