占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:5,110 hit

ページ10

ひっさしぶりの投稿だお(^ω^≡^ω^)

あは、マジ┏○)) さーーせん

**********

泉「ちょっと、アンタ俺のAに指図しないで」

お前も、なんか違うけどな!

嵐「Aちゃーんいくわよぉ」

お姉ちゃんは神だった

「はーい♪」

嵐「〜♪〜♪〜♪……こんな感じでいいかしら?」

「うーん…もうちょっとめr「すっごくぅよかったよぉ〜♡」

え、何被せてきてんの‍?‍?小学校の時に、人の会話中に被せちゃダメですよって習わなかった系女子ですか‍?‍?‍?

メサクソウザイっすね( 'ω' )

嵐「あ、ありがとねぇ〜♪Aちゃんはどう思ったぁ‍?」

やっぱりお姉ちゃんは神だった( 'ω')

「メリハリつけた方がいいと思ったよぉ〜」

あ「ねぇ〜Aちゃぁ〜んゎたしぃずっとぉ〜思ってたんだけどぉ〜上級生にぃわ敬語使ったらぁ〜‍?」

コイツの喋り方うぜぇ〜な…もっと、こうシャキッって出来ないのか?何言ってるのか、わかんね〜よ

「あの、シャキッと喋れないんすか‍?‍?その喋り方で社会に出たら困りますよね?」

あ「ゎたしのことはぁいいのぉ〜」

え……‍?何がいいの‍?‍?なに、ヒッキーになるからぁ〜いいのぉ〜‍?的な‍?…あ、なーるなら…問題ないか…ちゃんと…将来のこと考えてるんだね…

司「それは、私も思っていました」

「言ってなかったけ?私りったんと同じで留年してるからだよ‍?」

司「そ、そうなのですか?」

「うん♪ねーりったん♪」

凛「そうそう〜Aと俺は留年同盟なのぉ〜♪」

司「お姉さまも…凛月先輩と、一緒で……サボっていらっしゃった……のですか‍?」

「違うよーモデルの仕事が忙しくて、学校来てなかったからだよ」

司「あ、そうですよね!お姉さまがサボっていたなんてありえませんよね!」

あ「じゃあ、な、なんで…2年生のみんな知らないのぉ‍?」

「去年学校来たの…2回ぐらいかな‍?だから、同級生なんて知らないし相手も覚えてない」

泉「俺的には、Aの入学式が2回もあってチョー嬉しかったよぉ〜♪」

「あっそ…興味ない」

泉「あーもう♡ツンデレなんだからぁ〜♪」

「キモい…時間だね〜片付けて帰ろっか〜」

嵐「そうねぇ〜凛月ちゃん寝てないで片付けるわよ〜」

あ「…ッチ」

舌打ち‍?……めんどくさ

続く  (更新停止中) お気に入り登録で更新通知を受け取ろう

←8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
16人がお気に入り
設定キーワード:あんスタ , Ra;*bits
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

恋雪* - くっそ、悪女くっそ、悪女側のやつくっそ。夢主ちゃん側皆最高。 ということで更新頑張ってください! (2017年3月16日 15時) (レス) id: eaf91ea410 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:青葉 | 作者ホームページ:http://nazuna  
作成日時:2016年4月27日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。