占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:15 hit、合計:29,776 hit

16-3 ページ46

何やらカッコ良さげに解説しているキリトにぼそっと突っ込むと、途端に言葉を詰まらせる。

リズベットもじとーっと睨んで─────

「ま、まぁ、いろいろ試してみようぜ! 脱出のアイデア募集中!!!」


誤魔化すように声を張り上げるキリト。
それに乗せられたわけではないけれど、いつまでもこうしてはいられないので、私も解決策を探すべく周囲を見渡す。

ここは、ほぼ平らな氷の床に雪が薄く積もった、まさに穴の底だった。
直径は上部と変わらず10メートルほどだろうか。遥か高みの入口から、氷壁に反射しながら、頼りない夕陽の残照が差し込んでくる。

じきに完全な暗闇に包まれてしまうだろう。

そしてさらに困ったことに、
見たところ、地面にも、周囲の壁にも、
抜け道のようなものはない。

「助けを呼ぶっていうのはどうかしら?」
「ここ、ダンジョン扱いじゃないか?」
「…………うん。メッセージ、いま見たら使用不可になってる」
「じ、じゃあ、ドラゴン狩りに来たプレイヤーに大声で呼び掛ける」
「山頂まで高さ80メートルはあったからなぁ……声は届かないだろうな……」
「そっか……って、あんたもちょっとは考えなさいよ!」

次々に意見を却下されて、リズベットがむくれる。

すると、キリトはとんでもないことを宣った。

「壁を走って登る」
「「…………バカ??」」
「傷つくからハモるのはやめてください」

真顔でそう言って、とにかく試してみるか、と壁ギリギリまで近づく。
そして突然反対側の壁目掛けて猛ダッシュした。

壁に激突する寸前、キリトは一瞬身を沈めると爆発じみた音とともに飛び上がる。
遥か高みで壁に足をつき、そのまま斜め上方へと走り始めた。

「うっそ……」
「……………デタラメ」

私達がポカンと間抜けに立ち尽くす、その遠い頭上で、キリトがアメリカ製C級映画の忍者のごとく、氷壁を螺旋状にかけ上がっていく。

みるみるうちにその姿は小さくなり───────────────────────3分の1近くも登ったところでツルンとこけた。

「わああああああ!!!」
「きゃあああ!?」
「………………っ、」

両手をバタバタ振り回しながらキリトが落ちてくる。私達の頭めがけて。

……思わず飛び退って避けると、寸前まで立っていた場所に、
びたん!!!という音とともに人型の穴が穿たれた。

16-4→←16-2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (63 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
113人がお気に入り
設定キーワード:SAO , 女主人公×キリト ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

胡蝶 - 15-4〜16-7までの流れが、主人公の葛藤と矛盾が鮮明に描かれていて心に刺さりました。この作品面白いので更新頑張ってください。応援させていただきます。 (11月14日 20時) (レス) id: 10e431e9a6 (このIDを非表示/違反報告)
夢巫女 - シリアス大好きです。この二人がこのあとどうなるのか気になります。更新お忙しいと思いますが、頑張ってください。楽しみにしてます。 (11月6日 21時) (レス) id: 6cc7262479 (このIDを非表示/違反報告)
コトノハ - この作品、私のどストライクな作品です!!もう更新してくれないのでしょうか?続き楽しみに待ってます! (10月28日 14時) (レス) id: 611c145fdc (このIDを非表示/違反報告)
Kizuna(プロフ) - アリスさん、コメントありがとうございます!!!ヘ(≧▽≦ヘ)♪ そう言って頂けるととても嬉しいです…!前回更新からだいぶ長いこと時間があいてしまいましたが、またちょこちょこ書いていきますので、よろしくお願いします(*≧∀≦*) (2018年1月19日 14時) (レス) id: 62524f433b (このIDを非表示/違反報告)
アリス - コメント失礼します!すごく面白いです!自分はキリトめっちゃ好きだから、すごい見てて楽しいです。これからも頑張ってください^ - ^ (2017年12月29日 23時) (レス) id: 9df0db5adb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Kizuna | 作成日時:2017年4月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。