占いツクール
検索窓
今日:463 hit、昨日:365 hit、合計:52,507 hit

ページ23

HIROside






涼太が脱退してから






ほぼ毎日、家に通っている






一応、お手伝いさんを





雇ってるけど






辞めたばかりで、多分





気持ちの整理が





できてないと思うし





できるだけ寄り添う






「涼太、大丈夫か?」







涼「はい」







「1つ約束してくれ」






涼「何ですか」






「俺に、敬語を使うな」






涼「え…

俺、首になった身ですよ」








「だからだよ

本音を言えなくなるだろ

俺は、お前達がデビューする時

親御さん達に、お前達を任されてる

だから、責任をもって見なきゃ

ならないんだ

今回、涼太をGENEには

残す事ができなかったけど

他の道で、最善を尽くして

涼太を面倒みる責任がある

今は、涼太の親には

会わせてあげれないから

俺が、お前の親になる

だから、素直に何でも話すんだ」









涼「…」








「とにかく、敬語は

意識しなくて良い

もっとリラックスして

生活しないと…

せっかく、追い込まれずに

済むのに、お前が壊れる」







涼「わかりました

ありがとうございます

でも、俺、大丈夫です」






「うん、一応

様子を見に来るから」







こんな約束をしてから



徐々に、敬語が抜けつつある




涼太






少し、安心してたんだけど…





本人は大丈夫そうにしてるけど





やっぱり、悔しいだろうし





ショックだったと思う






なかなか、ご飯を食べないらしい







執「HIROさん

お疲れ様です」








「お疲れ様。涼太はどう?」






執「いらないと言って

なかなか食べてくれません

好物は出しているんですが」







「そうか…

ちょっと、いつ体調悪く

なるかわからないからなぁ…

専属の、ドクター付けても

良いんだけど…

本人が嫌がりそう笑」








執「ですが、何かあった時に

医療行為はできないので

ドクターに頼った方が…」








「そうだね、手配しておくよ

とりあえず、涼太のとこ

行ってくるね」








コンコンガチャ







「涼太、入るよ」







涼「…」







「調子はどう?」






涼「別に大丈夫」







「ご飯、食べてないんだって?」






涼「動いてないから

お腹空かないし」








「それでも、食べなきゃ

ダメだろ?涼太の好物が

沢山出てるじゃないか!」








涼「るさいな…」






初めて、涼太の




本音を聞けた気がした

▼→←▼



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (151 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
383人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 片寄涼太 , 数原龍友
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あやれお - いつも更新楽しみにしてます!DREAMERSのパスワード知りたいです! (9月20日 22時) (レス) id: 6e5bc93358 (このIDを非表示/違反報告)
あさ(プロフ) - DREAMERSのパスワード知りたいです…!いつも、面白い作品を書いてくださりありがとうございますっ!これからも、応援しています! (9月20日 11時) (レス) id: 36541a6451 (このIDを非表示/違反報告)
りなg(プロフ) - DREAMERSのパスワード教えてもらえますか?いつもお話楽しみにしてます!! (9月19日 22時) (レス) id: 12a3518566 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:lolww | 作成日時:2019年7月22日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。