占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:31 hit、合計:24,533 hit

頭から離れない ページ12









仕事を定時で終わらせ、
狼人間が待つ家に帰る

いつでもどこでも何をしてても考えるのは
エナちゃんとカズマのこと。


……私、カズマを一人の男の人として見てるの?



「 …ないない、絶対ない 」

壱「 何が無いん? 」

「 わあっ!!びっくりした〜 」

壱「 ふっ笑 おかえり 」

「 ..ただいま 」



玄関で靴を脱いでたら
洗面所からカズマが顔を出してきた

普通に見ると狼なんだよなあ。
耳と尻尾生えてるし。



壱「 おなかすいた 」

「 今日はハンバーグだよ 」

壱「 ほんま!?やったー! 」

「 ふふ笑 ちょっとまっててね 」

壱「 おん! 」





やっぱり何をしてても2人のことを考えてしまう

もうなんなのこの感情





壱「 …A? 」

「 ん? 」

壱「 どしたん。顔凄いことになってんで 」

「 嘘 」

壱「 嘘 」

「 は、」

壱「 ふはwww 」





カズマは私が何で悩んでるのか
分かってないんだよね。

もし私がカズマのこと好きって言ったら
カズマはどうする?

心臓が→←宣告



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (82 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
359人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:kk | 作成日時:2020年4月9日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。