占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:39 hit、合計:2,940 hit

ページ8

・続きです!

ブラを外され直接触られる。

突起を指で弄られると喘ぎ声が漏れてしまった。

貴「んっ、んぁっ、ふぁっ」

かぷりと口に含まれて飴のように舌で転がされる。

マサイがそこから口を離すとてかてかと光っていてなんだか恥ずかしくなった。

マ「そろそろしたいこっか」

彼は私が今まで着ていたスカートを脱がせてぱんつの上から指でゆっくりと刺激した。

くちゅくちゅと音を立てている。

マ「感じちゃったの?可愛いよ」

その下着もするりと脱がされて直接触られた。

いつの間にかマサイの長い指がナカに入ってきた。

マ「Aのなか、俺の指きゅうきゅう締め付けてるよ?そんないいの?」

貴「ああっ、あんっ…」

気持ちいいところばかりを擦られイッてしまった。

貴「はぁ…はぁ…」

マ「俺すごい好きな彼女にしかこんなことしないよ?わかった?俺がAにどれだけ惚れてるか」

入り口の辺りをやわやわと触られる。

焦らすような触られ方にゾクゾクする。

貴「わっ、わかったっ、からぁっ…もっと気持ちよくしてよぉ…」

マ「りょーかい」

マサイは濡れたソコをぴちゃぴちゃと音を立ててなめた。

すぐに私はイッてしまった。

貴「もう…マサイのおおきいのちょーらいよぉ…我慢できない…」

マ「おまっ…それは煽りすぎ…お望みどおり挿れてやるよ」

音を立ててマサイのが入ってきた。

マ「動くぞ」

マサイは私の感じるところを狙って突いてくる。

貴「ああっ、あんっ、ああっ、らめっ、おかしくなっちゃうっ」

マ「今更やめられるかよっ、ああ、まずい…」

マサイにそのまま激しく求められ、私達は同時に果てた。

………………………………

数時間後。

私はマサイの腕の中で目が覚めた。

貴「マサイ…あんなに私のこと好きなんて知らなかったな」

私はしばらくマサイの寝顔を見て再び眠りについた。

作者からのお願い→←嫉妬×マサイ ※ピンク注意



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.3/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
36人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mari | 作成日時:2019年6月22日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。