占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:625 hit

5話 ページ12

"可哀想に生まれてしまったのね"忌み子が"

忌み子って何…?どうして…どうしてみんな私の事を可哀想っていうの…ねぇなんで…



『っ…ーーー』


何…これ……私の……昔の記憶…?…

急に頭痛がピリッと走り何かがフラッシュバックした……


太宰「…どうしたんだい」

『なんでも…ないです』


敦「僕なんか…弱虫で…」


と敦くんが何が言っている…

……自分を哀れみ、嘆く人はまだ子供だ…
過去よりもこれからの未来に自信をもち、

決意することが人間そのものだ……


お母さんが言っていた気がする。

その頃は意味わからなかったけど今ではよくわかる。

太宰「そもそもおかしいのだよ…」

私自信も納得しながら太宰さんの推測を聞く。
決め手となる証拠まではなかったけど

敦くんの異能力について証明するには情報が有り余るほどだ。

すると月を見た敦くんがみるみる内に

白い綺麗な……トラ…白虎といったほうがいいだろう。

月下にいる白虎は美しい絵のような…端麗さだ。

ぼぅっと惚けていると、

太宰さんが襲われている…どうしようか。

6話→←6話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:夜桜 | 作成日時:2018年4月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。